1. トップ
  2. 料理・レシピ

白菜をおいしい副菜に。ちくわと塩昆布とあえて簡単おかず

2020.12.01

今が旬の白菜。淡白な味わいで、使い勝手のいい食材ですよね。今の時季なら鍋がたくさん食べられていいですが、じつは副菜にももってこいなんです。
今回は共働き料理家のぐっち夫婦に、白菜を使った簡単副菜レシピを教えてもらいました。

白菜とちくわの塩昆布ゴマ油和え
白菜とちくわの塩昆布ゴマ油和え

レンチンすればたっぷり食べられる!白菜とちくわの簡単副菜

鍋には欠かせない、冬の食材「白菜」。煮ても炒めてもおいしいですが、今回はレンジでさっと火をとおし、シャキシャキの食感を味わうレシピにしました。

白菜をレンチンしたら塩昆布とゴマ油のうまみたっぷりの組み合わせに、ちくわもプラスしてあえるだけ。白菜は火がとおりやすいよう、そぎ切りにするのがおすすめです。とっても簡単なので、白菜が少しだけ余ったときにもつくっておくと便利ですよ。

●白菜とちくわの塩昆布ゴマ油あえ

白菜やちくわなど

【材料(2人分)

・白菜 1/8個
・ちくわ 2本
・塩昆布 8g
・ゴマ油 小さじ1
・ゴマ 小さじ1

【つくり方】

(1) 白菜は3cm幅のそぎ切りに、ちくわは5mm幅の斜め切りにする。

白菜が入っているボウルにラップ

(2) 白菜を耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジ600Wで3分加熱する。出てきた水気をきる。

白菜ちくわ昆布などを入れてあえる

(3) (2)にちくわ、塩昆布、ゴマ油を入れ、さっとあえる。

白菜とちくわの塩昆布ゴマ油和えアップ皿に盛り、ゴマを振って完成。

[1人前 80kcal]

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2018年

【栄養士コメント】

水分の多い白菜は野菜のなかでも低カロリーでダイエットにはうれしい食材。食物繊維も豊富で腸内環境を整え、免疫力を高める働きが期待できますよ。

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

Tatsuya、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働日々のき夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucci_fuufu)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」、YOUTUBEで日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。新刊『ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん』(扶桑社刊)が発売中

ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん

人気急上昇の料理家ユニット、ぐっち夫婦も実践する「下味冷凍」。共働きの二人が、忙しい人のために考案したレシピです。

購入
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】