<ゴボウとイワシの照り焼き丼>甘辛タレが食欲をそそる!
2016.11.25
  • この記事を
    シェア

 青魚のイワシに食物繊維が豊富なゴボウを組み合わせたヘルシー丼。イワシとゴボウを順番に炒めて、照り焼きのタレをからめればOK。ひとつのフライパンでできるお手軽レシピは、サンマでもおいしくできます。

フライパンひとつでできるから手軽です

ゴボウとイワシの照り焼き丼[材料](4人分)

・ゴボウ 大1本(200g)
・イワシ 4尾
・片栗粉 大さじ2
・サラダ油 大さじ1
・A[酒大さじ4 みりん大さじ8 しょうゆ大さじ2]
・ご飯 どんぶり4杯分
・粉山椒 少し

[つくり方]

(1)ゴボウはタワシで洗い、ささがきにし、さっと洗って水気をきる。イワシは頭を落として手びらきにし、片栗粉をまぶす。

(2)フライパンにサラダ油を熱し、(1)のイワシを焼く。両面に焼き色がついたらいったん取り出し、残った油でゴボウをさっと炒めて取り出す。

(3)(2)のフライパンにAを加えて煮たて、軽く煮詰めたら(2)のゴボウを戻し入れてさっとあえ、器に盛ったご飯の上に等分にのせる。

(4)(3)のフライパンに(2)のイワシを戻し入れ、さらに煮詰め、ときどき裏返しながらからめ、(3)のゴボウの上に等分にのせ、残った煮汁をかけ、粉山椒をふる。

625kcal(※カロリー値は1人分)

<料理/久保香菜子 撮影/岡本真直>