1. トップ
  2. 料理・レシピ

注目の「カリフラワーライス」でエビチャーハン。低糖質で栄養豊富

ESSE編集部
2021.02.03

ご飯の置き換え食材として、数年前から注目を集めているダイエット食材「カリフラワーライス」。
低糖質なのはもちろん、ビタミンCやカリウムなどの栄養素を豊富に含みます。
サッとゆでて刻むだけなのでつくるのも簡単。今回はしっかりめの味つけで満足できるチャーハンのレシピをご紹介します。

低カロリー、低糖質!カリフラワーライスをチャーハンに

β‐カロテンやビタミンを含むカブの葉も使って、美容効果も抜群!

●カリフラワーライスとエビの卵チャーハン

カリフラワーライスとエビの卵チャーハン
カリフラワーライスとエビの卵チャーハン

卵をたっぷり4個使って、ふわふわ感アップ。サクサクのカリフラワーやエビとおいしくからむ!

【材料(4人分)

・むきエビ 200g
・カブの葉 50g
・カリフラワー 600g
・塩 少し
・A[卵4個 塩少し]
・ゴマ油 大さじ2
・B[顆粒鶏ガラスープの素小さじ2 しょうゆ大さじ1 塩、コショウ各適量]

【つくり方】

(1) エビはあれば背ワタを除く。カブの葉は細かく刻み、カリフラワーは小房に分ける。鍋に湯を沸かして塩、カリフラワーを入れ、1分ほどゆでて水気をきり、細かく刻む。ボウルにAを入れ、溶き混ぜる。

(2) フライパンにゴマ油大さじ1を強火で熱し、(1)のAを流し入れる。木ベラで混ぜながら、ふわっと半熟状に火をとおして一度取り出す。

(3) (2)のフライパンにゴマ油大さじ1をたして強火で熱し、(1)のカブの葉を入れる。しんなりとするまで炒め、(1)のエビを加えてさっと炒める。(1)のカリフラワー、(2)を加えて炒め合わせ、Bを表記順に加える。

[1人分224kcal/糖質量4.8g]

<糖質オフのヒント>

刻んだカリフラワー歯触りのよいカリフラワーを刻んでチャーハンにすれば、糖質もカロリーも一気にダウン。市販品のカリフラワーライスを使っても。

※子ども、妊娠中やその可能性のある方、持病のある方は糖質オフを行う前に主治医に相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐに中断してください。
※極端なダイエットは健康を損なう恐れがありますので注意が必要です。

<監修/牧田善二 料理/ほりえさちこ 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】