1. トップ
  2. 料理・レシピ

西伊豆の温泉ペンションで出合った、まさかの本格メキシコ料理

小野アムスデン道子
2020.11.16
  • この記事を
    シェア

普通の温泉旅行とは、一味違う宿に泊まってみたい…そんな人にぴったりな、西伊豆の宿をレシピとともに紹介します。

旅行ジャーナリスト小野アムスデン道子さんが西伊豆にあるかけ流し温泉のペンションで味わったのは、なんとメキシコ料理! メキシコ生活25年の本格的な味をご紹介します。

トスターダ・デ・フリホーレス
トスターダ・デ・フリホーレス

西伊豆の宿「ラ・ポサーダ(La Posada)」で教わったメキシコ料理のレシピ

サボテンなど西伊豆の土肥港から車で5分のところに突然にここはメキシコ? というペンションが出現します。しかもかけ流しの天然温泉つき!
「ラ・ポサーダ(La Posada)」は、かつての東京オリンピックの年に、メキシコへ柔道の指導顧問として講道館から派遣されたメキシコ柔道の父“山口友孝”氏が故郷に開いた宿なのです。

ベッド思わずかわいい! と声をあげてしまうピンク壁の1階はレストランと2つの浴場(露天風呂あり)。
2階に2人部屋と3人部屋が各4室。部屋はピンクや緑の壁で、メキシコの民家のようなインテリアです。

男性2人家族経営で、オスカル山口さん(右)とお兄さんのビクターさん、それに料理の腕をふるうお姉さんカリーナさんとお母さんがあたたかくもてなしてくれます。

ビン3つ化学調味料を一切使わない、本物のメキシコ料理が自慢で、自家栽培のハラペーニョを使ったソースや、甘さのなかにピリッと辛さを生かしたジャムも手づくりしています。

今回、つくり方を習ったのは、ディナーのコースで出た「トスターダ・デ・フリホーレス(Tostada de Frijoles con Queso)」。
香ばしいトルティーヤにしゃきっとした野菜、そしてチリが効いた豆のペーストがとてもおいしいオードブルです。おまけに教えてもらったグアカモーレをのせてもおいしいですよ!

ビーンズペースト

まずビーンズペースト、サルサ・ソースをつくっておきます。

●ビーンズ・ペースト

【材料】

・うずら豆 1カップ
・水 1リットル
・タマネギ 100g(約1/2個)
・ニンニク 1片
・塩 小さじ1強

【つくり方】

(1) うずら豆を一晩水につける。

(2) 豆を煮る。タマネギ、ニンニクをスライスしたものと一緒に鍋で煮る。このとき塩を一緒に入れないのがポイント。

(3) 沸騰したら弱火でコトコト煮る。水が少なくなってきた場合には、適宜水を加える。ある程度、やわらかくなってきたら、塩を入れ、さらに煮る。

(4) 十分やわらかくなったら、お湯をきり、ボウルの中で潰してペースト状にする。

※豆から煮ない場合は、缶詰の豆の水煮を使ってもよい。また、うずら豆がなければ、大正金時豆でもOKです。

●サルサ・ソース

【材料】

・トマト 1個
・タマネギ 大さじ2
・香菜(パクチー) 2~4枝
・スライスハラペーニョ(みじん切り) 3~6個
・ライムまたはレモンの絞り汁 1/4個
・塩 少し

【つくり方】

トマト、タマネギ、香菜(パクチー)を粗みじん切りにする。ボウルに入れ、ライムまたはレモンの絞り汁、ハラペーニョ(なければ唐辛子)、塩を入れ、混ぜる。

●豆とチーズのトスターダ(8枚分)

【材料】

・上記のビーンズ・ペーストとサルサ・ソース
・コーン・トルティーヤ 8枚
・サラダ油 100ml
・モッツァレラ・チーズ 160g (1枚あたり20g)
・粗く刻んだレタス 160g (1枚あたり20g)
・カッテージ・チーズ 少々

※コーン・トルティーヤが手に入らなかったらコーンチップスを皿の上に敷けばヘルシーナチョスに。

【つくり方】

(1) 20cmのフライパンに100mlのサラダ油を入れ、170℃程度になったら、コーン・トルティーヤを1枚ずつ揚げる。1枚につき30秒程度フライパンで裏表にしながら揚げる。

(2) (1)で揚げてパリッとさせたコーン・トルティーヤの上に、8等分したビーンズ・ペーストを塗る。真ん中から塗るようにして、端から1.5cmぐらいをあけておく。

(3) モッツァレラ・チーズをのせ、オーブンの網にのせ、180℃で5分位焼く。

焼き上がったら取り出し、仕上げにレタスをのせ、サルサ・ソースをかける。最後にカッテージ・チーズをトッピングしてでき上がり。

●グアカモーレ(ワカモレ)

グアカモーレ

トスターダ・デ・フリホーレスにのせてもおいしい、アボカドのペーストです。

【材料】

・アボカド 1個
・タマネギ(みじん切り) 大さじ2
・香菜(パクチー)(粗みじん切り)2~4本
・あら塩 少々
・伊豆産スライスハラペーニョ 2~5個
・ライム汁又はレモン汁 1/4個

【つくり方】

(1) アボカドに縦に切り込みを入れ、ひねって半分に割る。種を取り除いて、実をボールに入れてフォークで潰し、あら塩を入れてよく混ぜる。

(2) タマネギ、香菜(パクチー)、ハラペーニョを入れて混ぜる。

※ライム汁を少々かけるとクリーミーワカモレからさわやかワカモレに変わります。お好みに合わせてお召し上がりください。

コーンチップス、エビフライ、唐揚げ、トンカツ、野菜スティック、トーストなどに添えて召し上がれ。香菜が苦手の方はなしでもOK。

<取材協力/ラ・ポサーダ La Posada(西伊豆・土肥温泉)、MIKADO TRAVEL(メキシコシティ) 撮影・取材・文/小野アムスデン道子>