<幸栄のゆらゆらと、つらつらと。日々のささやかな幸せをパンと一緒に。>朝食にほっと優しいホットケーキ
2016.10.08
  • この記事を
    シェア

幸栄です。パン教室「toiro(トイロ)」を主宰しています。初めてパンを焼いたのは、長女の出産から1か月後のこと。あの日から試行錯誤を重ね、今は卵とバターを使わないパンのレシピをつくっています。パンを焼きながら、2人の娘の母としても、楽しみや大変さをたくさん感じる日々。毎日のなかで見つける、ささやかな幸せや楽しみをつづっていこうと思います。
<幸栄のゆらゆらと、つらつらと。日々のささやかな幸せをパンと一緒に。>

朝食にシンプルで優しいホットケーキ

ホットケーキ明日の朝ごはんはホットケーキにしよう。と思ったら、眠る前に…

・薄力粉 200g
・きび砂糖 40g
・ベーキングパウダー 10g
・塩 1g

をよく混ぜてお手製ホットケーキミックスをつくり、瓶などに入れておきます。

朝起きたら、

・牛乳180cc
・卵 1個

とホットケーキミックスを合わせて焼くだけ(牛乳の量はお好みで調整してくださいね)。眠る前に計っておくだけで、翌朝うんとラクになりますよ。

そんな食欲の秋…。太らないように気をつけなくちゃ。

【幸栄(ゆきえ)】
1979年広島県生まれ。「はな」と「ひな」2人の娘をもつ。モデルとして活躍したのち、長女の出産を機にパンづくりに出合う。ベッカライダブルハウスにて、製造補助をしながらパンについて学び、 2010年から卵とバターを使わないパン教室、toiro を始める。 著書に『「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)』(主婦と生活社刊)、『パウンド型で焼けるおいしい食パン』(家の光協会刊)、『あかちゃん、こども、おとなのパン—はじめてのパンづくり』(アノニマスタジオ刊)などがある。

「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)

大好評の「ちょっとのイースト」で作る、体にやさしいパンシリーズ・第3弾!


パウンド型で焼けるおいしい食パン

パウンド型だから家庭のオーブンでもちゃんと焼ける!


あかちゃん、こども、おとなのパン—はじめてのパンづくり

基本の生地の作り方はひとつだけ、家族みんなで楽しめるパンづくりの入門書です。

このライターの記事一覧