1. トップ
  2. 料理・レシピ

糖質オフの豚バラ大根。砂糖不使用でもこっくりおいしい

ESSE編集部
2021.01.09

甘辛い味がおいしい和食は砂糖を多く使うため、糖質量が多いというイメージがあるはず。
でも、野菜の甘味をしっかり生かせば、砂糖は必要ないんです。
そこで今回はちょっとしたコツで、低糖質なのにこっくりとおいしくつくれる「豚バラ大根」のレシピをご紹介します。

糖質オフなのに驚きのおいしさ。風味豊かな豚バラ大根

ショウガの香りとみその深いコクが最高。ひと口食べたら、箸が止まらない!

●豚バラと大根のみそ炒め

豚バラと大根のみそ炒め
豚バラと大根のみそ炒め

【材料(4人分)

・豚バラ薄切り肉 300g
・大根 400g
・塩 小さじ1/3
・A[ショウガの絞り汁、しょうゆ各大さじ1/2]
・チンゲンサイ 2株
・B[サラダ油、塩各少し]
・C[ニンニク(すりおろす)1かけ みそ大さじ2 みりん大さじ1 しょうゆ小さじ1]
・サラダ油 大さじ1/2

【つくり方】

(1) 大根は1.5cm厚さのいちょう切りにし、耐熱ボウルに入れて塩をふる。ラップをふんわりとかけて電子レンジ(600W)で10分加熱し、水気をきる。

(2) 豚肉は5~6cm長さに切り、Aをまぶす。チンゲンサイは縦4つ割りにする。鍋に湯を沸かしてB、チンゲンサイを入れ、煮立ってから2~3分ゆでて水気をしっかりときる。Cは混ぜ合わせる。

(3) フライパンにサラダ油を中火で熱し、(2)の豚肉を入れる。ほぐれるまで炒めて(1)を加え、薄く色づくまで5~6分焼きつける。(2)のCを加え、炒め合わせる。

(4) 器に(2)のチンゲンサイを盛り、(3)をのせる。

[1人分367kcal/糖質量7.6g]

<糖質オフのヒント>

ボウルにカットした大根砂糖に頼らなくても、大根に塩をふって加熱すれば、甘味がぐっと引き出されます。下ゆでは電子レンジ加熱で、焼き時間を短縮!

※子ども、妊娠中やその可能性のある方、持病のある方は糖質オフを行う前に主治医に相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐに中断してください。
※極端なダイエットは健康を損なう恐れがありますので注意が必要です。

<監修/牧田善二 料理/藤井恵 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

  • この記事を
    シェア