1. トップ
  2. 料理・レシピ

免疫力アップの常備菜「ミックスキノコ酢」。簡単でアレンジ自在

ESSE編集部
2020.11.05

寒さとともに気になるのが感染症のリスク。体を病気から守るためには免疫力アップが重要です。カギとなるのは、腸内環境を改善する「腸活」。そこで、腸活におすすめなキノコを使った常備菜を、料理研究家で管理栄養士の金丸絵里加さんが教えてくれました。

食物繊維と発酵食品で腸内環境が整う。免疫力アップにはキノコが最適

腸には、免疫細胞の6~7割が集まっています。ウイルスや菌を、腸で免疫細胞が撃退してくれるので、腸内環境を整えておくことは、免疫力アップにとってとても大切なことです。

「食べ方のポイントは、食物繊維と発酵食品を積極的に取り入れることです」と金丸さん。食物繊維と発酵食品が、大腸の善玉菌の働きを助けて腸内環境を整え、腸のぜん動(収縮)運動を促して免疫力を高めてくれます。

「なかでもキノコは、免疫力を高める食物繊維『βグルカン』が豊富。さらに、腸にいいとされる発酵食品を組み合わせて食べると、腸内環境の改善に役立ちます」

レンチンするだけ!毎日食べて腸を整える常備菜「ミックスキノコ酢」

容器にマイタケとエノキ
マイタケとエノキをを使ってレンジ加熱するだけ!

腸にいいといっても、キノコを毎日食べ続けるのはなかなか大変…。そこで金丸さんが教えてくれたのが、電子レンジで簡単につくれる「ミックスキノコ酢」です。

「冷蔵庫で1週間ほど保存できるので、つくりおきして毎日食べるのがおすすめ。そのまま食べてもいいし、サラダに入れたり、納豆とあえるなど、アレンジして食べてもいいですよ」

無理なく続けられるよう、簡単なアレンジと一緒にレシピを紹介します。

●ミックスキノコ酢

【材料(つくりやすい分量)

・マイタケ 2パック(200g)
・エノキダケ 1パック(180g)
・オリーブオイル 小さじ2
・A[酢、水各1/2カップ 砂糖大さじ1 塩小さじ1]

【つくり方】

(1) マイタケは小房に分ける。エノキは根元を除き、長さを半分に切って粗くほぐす。

(2) 耐熱保存容器に(1)を入れ、オリーブオイルを回しかけて混ぜる。ラップをふんわりとかけ、電子レンジ(600W)で2分加熱する。Aを加えて混ぜ、ラップをふんわりとかけて電子レンジ(600W)で4~5分加熱する。取り出して全体をよく混ぜる。

※フタをして冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

[全量161kcal]

ミックスキノコ酢の食べ方アイデア

●ポテトサラダ

ポテトサラダポテトサラダに、汁けを切った同量のミックスキノコ酢を入れて混ぜる。市販のポテトサラダでもOK。

●塩もみキュウリに

塩もみキュウリキュウリを塩もみし、汁気をきった同量のミックスキノコ酢を入れて混ぜる。

ESSE12月号の特集「腸活&自律神経を整えて免疫力アップ!」では、「食べて免疫力アップ」のほか、「生活習慣で免疫力アップ」や「きくち体操で免疫力アップ」など、さまざまなアイデアを紹介しています。新型コロナウイルスやインフルエンザに備え、免疫力を高めましょう!

50代からの毎日を応援する記事多数!
「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら

<料理/金丸絵里加 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

ESSE12月号

ESSE12月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/波瑠さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】