1. トップ
  2. 料理・レシピ

秋の大定番・鶏五目炊き込みご飯と落とし卵のみそ汁レシピ

ESSE編集部
2020.11.16
  • この記事を
    シェア

食欲の秋、新米の季節。白いご飯はもちろんのこと、秋の味覚とかけ合わせた味つきご飯はまた格別です。

「おかずいらずだから、忙しいときこそラクでおいしい」と話すのは、「ごはん同盟」のしらいのりこさん。おいしいレシピを教わりました。

食べごたえ十分で手間いらず。炊き込みご飯と汁は、忙しい日にこそおすすめ

炊き込みご飯は、食べごたえ抜群なのに手間いらずなのがいいところ。素材と調味料をお米と一緒に炊飯器に入れれば、あとはスイッチを押すだけ。
一方混ぜご飯は、白いご飯のおいしさと味つきご飯のおいしさを、好みのバランスで楽しめるの魅力です。
具だくさんの汁物と合わせれば、簡単&豪華、そして栄養バランスもばっちりの献立の完成。

●おかずいらずで忙しいときもラク

炊き込みご飯とお汁
おかずいらずで忙しいときもラク

おかずを1~2品つくる手間より、具材をご飯と炊き込んだり混ぜたりする方が断然ラク。
「しかも見た目も華やか。あとは具だくさんの汁さえつくれば、家族が大喜びする晩ごはんに!」

●具だくさんだから栄養バランス◎

キノコレンコンなど炊き込み&混ぜご飯も汁物も、とにかく具だくさんに! これだけで、品数こそ少なくても栄養はバッチリ。
「人数分のおかずにするにはたりない…そんな半端に残った食材も大活躍」

●具材を大きめに切れば食べごたえも簡単

キューブ状のニンジンポテトなどご飯も汁物も、具はしっかりと大きめに切って。自然とよくかむことになるから、満足感が生まれます。
「ごろりと大きな具材は、それぞれの味わいも引き立つので、おいしさも倍増」

●基本調味料+身近な食材でバリエーション豊か

つゆオリーブオイルなどご飯も汁物も、具材それぞれから出るうま味を上手に利用するから、調味料は基本的なものだけ。
「特別な食材も必要ありません。恵みの秋ならではの、ぜいたくな味わいを楽しんで」

●ご飯と汁で味の変化をつけるから食べ飽きない

お鍋しょうゆベースのご飯にはみそ味の汁物、塩ベースのあっさりご飯にはクリーミーなシチュー感覚の一杯を。
「味つけを変えた組み合わせにすれば、ご飯と汁だけでも、食べ飽きません」

●ほぼ15分で完成!

炊き込みご飯忙しいからこそ、ご飯1+汁物1の簡単献立ですませたい! というわけで、実際の調理時間はほぼ15分以内。
「火のとおりにくい素材も炊飯器におまかせすれば、面倒なしに味わえます」

秋におすすめの基本の2品レシピ

炊き込みご飯とみそ汁炊き込みの王者といえば鶏五目。
秋らしいシメジのみそ汁に、とろりと卵を丸ごと落として。

●鶏五目炊き込みご飯

鶏肉、根菜、キノコ。だしの出る素材をふんだんに。

【材料(4人分)

・米 2合
・鶏モモ肉 1/2枚(160g)
・A[酒、塩各少し]
・マイタケ 1/2パック
・ゴボウ 40g
・ニンジン 1/3本(40g)
・油揚げ 1枚
・ギンナン水煮缶 小1缶(正味55g)
・B[しょうゆ、酒各大さじ2]
・昆布(3cm長さ) 1枚
・ミツバ(好みで) 適量

【つくり方】

(1) 米は洗ってザルに上げ、炊飯器の内釜に入れる。

(2) 鶏肉はひと口大に切り、Aをまぶす。ゴボウはタワシでよく洗い、ささがきにして10分水にさらし、水気をきる。マイタケはほぐす。ニンジンは千切りにする。油揚げは短辺を半分に切ってから5mm幅に切る。

(3) (1)にBを加えて2合の目盛りまで水加減し、ひと混ぜする。昆布をのせ、(2)と缶汁をきったギンナンをのせて炊き込みモードで炊く。炊き上がったら全体をさっくりと混ぜて器に盛り、ミツバをのせる。

[1人分422kcal]

【ポイント】

炊飯器に具材米と混ぜてしまうと炊きムラが出るので具材はのせるだけ。昆布や鶏などだしが出るものを下に。

●シメジとニラ、落とし卵のみそ汁

ニラ風味がアクセント。卵の火入れはお好みでどうぞ。

【材料(4人分)】

・シメジ 1/2パック
・ニラ 1/2束
・卵 4個
・だし汁 4カップ
・みそ 大さじ4

【つくり方】

(1) シメジは石づきを落とし、長さを3等分に切る。ニラは3cm長さに切る。

(2) 卵を小さめの容器に1個ずつ割り入れる。

(3) 鍋にだし汁を入れて強火にかけ、煮立ったら中火にし、(2)の卵を静かに落とし入れる。卵が好みのかたさになるまで火をとおし、(1)を加えてみそを溶き入れ、煮立つ直前で火を止める。

[1人分121kcal]

【ポイント】

お鍋に生卵卵は1個ずつ器に割り入れてから汁に加える。このひと手間できれいに仕上がる。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【しらいのりこさん】

おいしいご飯レシピ、ご飯をおいしくするおかずレシピが好評。夫のシライジュンイチ氏とのユニット「ごはん同盟」として、ご飯のおいしさを広める活動に邁進。