1. トップ
  2. 料理・レシピ

脂がのった鮭がサクッ!「サーモンフライユズタルタル」

ESSE編集部
2021.01.19
  • この記事を
    シェア

冬の味覚を楽しむ「サーモンフライユズタルタル」のレシピをご紹介します。
タルタルにすりおろした柚子の皮を入れることで一層爽やかに!

調理のポイントは、下ごしらえの段階で鮭の臭みを消すことです。

サーモンフライタルタル
サーモンフライタルタル

食感も香りも抜群!「サーモンフライユズタルタル」レシピ

脂がのったサーモンを、ユズ風味の上品タルタルで頂きます。

●サーモンフライユズタルタル

【材料(4人分)

・生鮭(切り身) 4切れ
・塩 小さじ1
・コショウ 少し
・A[マヨネーズ大さじ6 タマネギ(みじん切り)、万能ネギ(小口切り)各大さじ3 ユズの絞り汁1/2個分(大さじ1) ユズの皮(すりおろす)適量 塩、コショウ各少し]
・B[小麦粉、パン粉各適量 溶き卵1個分]
・揚げ油 適量
・サラダ菜 適量

【つくり方】

(1) 鮭に塩をすり込み、5分ほどおいてさっと洗い、水気をしっかりふく。1切れを3等分に切り、コショウをふる。

(2) ボウルにAを混ぜ合わせ、タルタルソースをつくる。

(3) (1)にBを小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、180度に熱した揚げ油に入れ、2~3分揚げる。器に盛り、(2)とサラダ菜を添える。

[1人分393kcal]

<下ごしらえMEMO>鮭の切り身の下処理

鮭に塩すり込む鮭の切り身は塩をすり込み、出てきた臭みを洗い流す。この下ごしらえさえしておけば、シンプルな調理でも十分おいしい!

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【上田淳子さん】

料理研究家。双子の息子の母で、20年以上食卓をきり盛りした経験から生み出されるレシピにファンも多い。著書に『フランス人が愉しむ3つの前菜。』(誠文堂新光社刊)など多数。

【この記事も読まれています】