1. トップ
  2. 料理・レシピ

レンジで約1分!超時短ハムエッグ。色鮮やかな見た目にもキュン

まこつ
2020.10.08
  • この記事を
    シェア

朝は時間との闘い。でも朝ごはんはしっかり食べて力をつけておきたいですよね。
そこで、電子レンジで簡単につくれる「時短ハムエッグ」のつくり方をご紹介します。教えてくれたのは、インスタグラムで発信する神ワザレベルのキャラ弁が人気な、お弁当インスタグラマーのまこつさん。朝ごはんにもお弁当にもおすすめです!

ハムエッグを持つ様子
きれいな断面も魅力な時短ハムエッグ

電子レンジで超時短!萌え断ハムエッグのつくり方

フライパン不要! レンジで1分程度でつくれちゃう時短ハムエッグのご紹介です。
私は普段、話題の人やおなじみの商品などを再現したインパクト強めで凝ったキャラ弁をつくっていますが、“時短”おかずも大好きで、サブのおかずなどに重宝しています。

このサンドイッチみたいな見た目のハムエッグは、つくるのが超簡単なのことも魅力ですが、半分に切ると色鮮やかな“萌え断”でテンションが上がるのもポイント。
忙しい朝や、なにかもう一品ほしいときに便利ですよ。

●フライパンいらずの時短ハムエッグ

【材料(ハムエッグ1個分)

・卵 1個
・ハム 2枚

【つくり方】

耐熱皿にハムを1枚置く

(1) 卵が動きにくいように底に少し丸みがある耐熱皿やボウルを用意し、ハムを1枚置く。

ハムの上に卵を割り入れる

(2) 卵を割り入れる。

卵に楊枝で穴をあける

(3) 楊枝で黄身に2、3か所穴をあける。

※これをしておかないと電子レンジで加熱したときに卵が爆発するので必ずあけてください。

ハムをかぶせる

(4) もう1枚のハムをかぶせる。

フタをする

(5) フタ(もしくはふんわりとラップ)をして、電子レンジ(900W)で1分。

※600Wの場合は約1分半程度。お持ちの電子レンジによって加熱時間は調整してください。

半分に切る

(6) 粗熱が取れたら半分に切って完成! お好みでしょうゆやマヨネーズなど調味料をかけてもおいしいと思います。

ワンプレート朝食子どものワンプレート朝食に盛りつけてみるとこんな感じです。超簡単なのに、豪華に見えるのもポイント。5歳と2歳の娘も喜んで食べるので、わが家の定番おかずになってます。
レンジ加熱後の余熱で中までしっかり熱が入るので、お弁当に入れても華やかになると思います。
※お弁当に入れる場合などで黄身の加熱具合がたりないときは再度耐熱皿に入れラップなどをし、10秒ずつ加熱をして調整してください。

忙しい朝にぜひ試してみてくださいね。

●時短ハムエッグのつくり方を動画でも

今回紹介した時短ハムエッグのつくり方は、動画でも見ることができます。

※電子レンジで加熱する際は、付属の説明書に従って、高温に耐えられるガラスの器やボウルなどを使用してください。加熱時間は目安であり、機種によって多少差があります。

●教えてくれた人
【まこつさん】

2人の娘をもつ猟奇的弁当職人。企業の商品や人気漫画のキャラクター、話題の人物などを忠実に再現した強烈なインパクトを放つキャラ弁をインスタグラム(@yuko.makotsu)で発信し話題に。公式YouTube「まこつ 猟奇的弁当職人」にて制作動画を配信中。著書に『愛と憎しみを込めた旦那への猟奇的弁当』(KADOKAWA刊)がある。