1. トップ
  2. 料理・レシピ

家政婦・志麻さんのサバ缶レシピ。おしゃれなブイヤベース風スープ

ESSE編集部
2021.01.29

寒い時期にうれしい、具だくさんのごちそうスープ。サバ缶を使って手軽につくってみませんか?
「伝説の家政婦」としてテレビや雑誌で人気のタサン志麻さんに、つくり方を教わりました。

ブイヤベース風スープ
ブイヤベース風スープ

志麻さんのサバ缶レシピ。ブイヤベース風スープのつくり方

うま味いっぱいの缶汁もムダなし。アイオリソースで本場顔負けの味です。

●ブイヤベース風スープ

【材料(4人分)

・サバ水煮缶 1缶(190g)
・セロリ 1/2本
・タマネギ 1/2個
・ニンニク 1かけ
・オリーブオイル 大さじ1
・トマト缶(カット状) 1缶(400g)
・水 3カップ
・塩、コショウ 各少し
・A[卵黄1個分 ニンニク(すりおろす)1/2かけ 酢大さじ1 塩、コショウ各少し]

【つくり方】

(1) セロリは筋を取り、タマネギとともに薄切りにする。

(2) ニンニクは半分に切ってから包丁の背でつぶし、オリーブオイルとともに鍋に入れる。弱火にかけ、香りが立ったら1と塩少しを加えてじっくり炒める。

(3) サバ缶の缶汁、トマト缶、水を加え、ポコポコと沸く程度の火加減で30分ほど煮込む。味をみて塩、コショウをふる。

(4) サバ缶の身を大きく割りながら加え、さっと煮て器に盛る。Aの材料を混ぜてアイリオソースをつくり、スープに落としながら食べる。

[1人分142kcal][1人分86円]

【ポイント】

トマトソースにサバサバは食べごたえを残すため大きく割り、煮くずれないよう最後に。

●ちょこっとフレンチの知恵:アイリオソースとは?

プロヴァンス地方などでよく食べられる、ニンニク入りマヨネーズのこと。ブイヤベースなどスープに落として味わうほか、温野菜につけて食べてもおいしい!

ショートカット女性

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

【タサン志麻さん】

国内外のフレンチレストランで修業ののち、「より自由で簡単なフランスの家庭料理を伝えたい」と家政婦に転身。著書『志麻さんのベストおかず』(扶桑社刊)など多数。テレビなどメディアでも活躍。

志麻さんのベストおかず

志麻さんのベストおかず

予約の取れない、伝説の家政婦志麻さんの、「いちばん簡単」で「おいしい」レシピ、集めました!

購入
  • この記事を
    シェア