1. トップ
  2. 料理・レシピ

旬のカキをアヒージョで。うま味たっぷりのオイルとバケットが最高

ESSE編集部
2020.10.29
  • この記事を
    シェア

カキがおいしい季節がやってきました。
炒め物や鍋の具材にするなど、さまざまな楽しみ方がありますが、今回はおしゃれなアヒージョのレシピをご紹介します。
カキのうま味が染み込んだオイルにスライスしたバゲットをひたせば、最高のおつまみにもなりますよ。

バゲットとの相性抜群!旬のカキをアヒージョで

カキとブロッコリーのアヒージョ風炒め
カキとブロッコリーのアヒージョ風炒め

パンを浸して最後の一滴まで食べきりたい!

●カキとブロッコリーのアヒージョ風炒め

【材料(4人分)

・カキ(加熱用) 250g
・ブロッコリー(小房に分ける) 2/3株(正味150g)
・塩、コショウ 各少し
・小麦粉 適量
・オリーブオイル 大さじ6
・シメジ(石づきを除き、ほぐす)2/3パック(約100g)
・ニンニク(みじん切り) 小さじ2
・赤唐辛子 1本
・A[しょうゆ小さじ1 塩小さじ1/6 コショウ少し]

【つくり方】

(1) ブロッコリーはさっと洗って耐熱皿に広げ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。粗熱をとり、水気をふく。

(2) カキは塩水(分量外)で洗ったあと、流水で洗い、水気をしっかりふく。塩、コショウをし、小麦粉を薄くまぶす。

(3) フライパンにオリーブオイル大さじ1を強火で熱し、カキを並べ、ぷっくりするまで2分ほどこんがりと焼き、いったん取り出す。

(4) フライパンを洗い、オリーブオイル大さじ5、ニンニク、赤唐辛子を入れて中火にかける。香りが出るまで炒め、ブロッコリー、シメジを加え炒める。(3)を戻し入れ、Aを加えて炒め合わせる。

[1人分244kcal]

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【小林まさみさん】

料理研究家。結婚後、会社勤めをしながら調理師学校で学ぶ。テレビ、雑誌、書籍などでレシピ提案するかたわら、料理教室を主宰。アシスタントを務める義父・まさるさんとのかけ合いも人気。

【この記事も読まれています】