1. トップ
  2. 料理・レシピ

電子レンジで失敗知らず!ふわトロ親子丼が簡単につくれるコツ

ESSE編集部
2020.11.09
  • この記事を
    シェア

電子レンジ調理というと、楽だけれど火のとおりを加減するのが難しい…と感じている人もいるのではないでしょうか。
食材をチンする順番を工夫すると、フライパンでは難しい卵料理も、絶妙なふわトロ加減に仕上げることができるんです。

今回はたっきーママさんこと奥田和美さんに、「レンチンだからこそおいしい」親子丼のレシピを教わりました。

レンチン親子丼
レンチン親子丼

火加減はすべて電子レンジにおまかせ! 家族も喜ぶ絶品親子丼

卵は最後に加えて、卵の甘味が際立った、ふわトロの仕上がりに!

●親子丼

【材料(4人分)

・温かいご飯 800g
・鶏モモ肉 2枚(560g)
・タマネギ 1個(240g)
・卵 6個
・A[水1カップ めんつゆ(3倍濃縮)1/2カップ 砂糖大さじ2]

【つくり方】

(1) 鶏肉は小さめのひと口大に切る。タマネギは縦半分に切ってから薄切りにする。

(2) 耐熱容器に(1)とAを入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で10分ほど加熱する。

(3) 卵は軽く溶きほぐして(2)に回しかけ、再びラップをして3分ほど加熱する。卵があまり固まっていなければ1分ずつ追加で加熱する。

(4) 器にご飯を盛り、(3)を等分してのせる。

[1人分806kcal]

【ポイント】

ボウルにタマネギ鶏肉鶏肉とタマネギは先に加熱して、しっかり火を入れ、時間差で卵を加えると、それぞれの食材のうま味が際立ちます。

●教えてくれた人
【奥田和美さん】

ESSEの連載「おいしいリレー弁当」で披露するレンチン弁当が人気。『たっきーママのレンチン作りおき』(扶桑社刊)をはじめ、数多くの電子レンジ本を上梓、簡単でおいしいレシピに定評がある。最新刊『10分で完成! たっきーママの朝ラク! スープジャー弁当』(扶桑社刊)も発売中

コンテナひとつでしみじみおいしい! たっきーママのレンチン作りおき

朝日放送テレビ「おはよう朝日です!」に著者出演で話題沸騰! コンテナ保存容器ひとつでできる作りおきレシピ集

購入

10分で完成! たっきーママの朝ラク! スープジャー弁当

スープはもちろんボリュームおかずもアツアツ麺もどんぶりもスープジャーにおまかせ!

購入

【この記事も読まれています】