1. トップ
  2. 料理・レシピ

混ぜるだけ、電子レンジで3分のおから蒸しパン。ダイエットに最適

2020.08.01
  • この記事を
    シェア

お家にいる時間が長くなり、体重増加が気になる方も多いですよね。パンが食べたいけど、ダイエット中だから我慢しなくちゃ…という方におすすめなのが、おからを使ったパンです。

湘南でパン教室を運営している池田愛実さんに、ダイエットにぴったりの「おから蒸しパン」のつくり方を教わりました。

おから蒸しパン
おから蒸しパン

ダイエットにぴったり。電子レンジでつくる「おから蒸しパン」レシピ

おからパウダーは、豆腐を作る工程でできたおからを乾燥させてパウダー状にしたもの。約1か月保存可能で、生おからと比べて日持ちします。

おからは食物繊維たっぷりで、腸内環境を整えてくれる効果も。小麦粉よりも糖質が少ないので、ダイエットをしている方にピッタリの食材です。

おからパウダー
今回使ったおからパウダーは旭松食品の「なめらかおからパウダー」。ほかの商品を使用してもつくれますが、細かいパウダーの方がふんわりと仕上がるのでおすすめです。

おからパウダーを使い、混ぜて電子レンジに入れるだけで、気軽に蒸しパンつくることができます。
小麦粉よりも腹持ちがよく、満足感があるので、これならダイエットも長続きしそう。ぜひお試しください。

●おからとは思えないおいしさ!「ココア蒸しパン」

ココアを加えるとおからっぽさが気にならず、おいしい蒸しパンに仕上がります。シフォンケーキのようなしっとりした食感で、ダイエット中でも甘いものが食べたいときにぴったり。

【材料】
・A[おからパウダー 15g ココアパウダー 5g ベーキングパウダー 3g]
・卵 1個
・牛乳 55g
・砂糖 15g
・オイル 大さじ1

【つくり方】

(1) 耐熱性の保存容器に卵・牛乳・砂糖・オイルを入れてホイッパーで混ぜておく。

(2) (1)にAをふるい入れ、ホイッパーで混ぜる。底におからが溜まりやすいので最後はゴムベラでよく混ぜる。

保存容器に生地

(3) 耐熱のフタかラップをふんわり被せ(完全に閉めない)、600wで3分加熱する。表面が生っぽい場合は10秒ずつ加熱する。

焼き上がった生地焼き上がり。

※保存容器は650mlのものを使用しています。

●栄養たっぷり!朝食やランチに「ブロッコリーとウインナーのチーズ蒸しパン」

ブロッコリーとウインナーのチーズ蒸しパン

いろいろな具材が入った蒸しパンは、まるで「ケークサレ」。ベーコンとホウレンソウなどでつくってもおいしくできます。

【材料】
・A[おからパウダー 20g ベーキングパウダー 3g]
・卵 1個
・水 55g
・塩 ひとつまみ
・オイル 大さじ1
・ブロッコリー 30g
・ウインナー 2本
・シュレッドチーズ 20g

【つくり方】

(1) ブロッコリーは小さく刻み、ウインナーは1cm幅に切っておく。

(2) 耐熱性の保存容器に卵・水・塩・オイルを入れてホイッパーで混ぜておく。

(3) (2)にAをふるい入れ、ホイッパーで混ぜる。底におからが溜まりやすいので最後はゴムベラでよく混ぜる。ブロッコリー・ウインナー・チーズを加えて均一に混ぜる。

レンジ入れる前の生地

(4) 耐熱のフタかラップをふんわり被せ(完全に閉めない)、600wで約3分加熱する。表面が生っぽい場合は10秒ずつ加熱する。

加熱後の生地焼き上がり。

●教えてくれた人
【池田愛実さん】

ル・コルドンブルー代官山校パン科卒業。同校のアシスタントを務めた後、渡仏。現地のパン屋2軒で経験を積む。帰国後は都内のレストランでパンの商品開発、製造に携わる。現在は湘南でパン教室「crumb―クラム」を主催。フランスパンや自家製酵母パン、フレンチ惣菜を教えている。著書に『こねずにできる ふんわりもちもち フォカッチャ』(家の光協会刊)がある

このライターの記事一覧