1. トップ
  2. 料理・レシピ

パリッ、とろ~り、バナナの春巻き。余りものが至福のおやつに

ESSE編集部
2020.09.20
  • この記事を
    シェア

蒸し暑さが続く日は、おうちでアジアンスイーツをつくって旅気分を味わってみませんか?
今回ご紹介するのは、フィリピンやタイなど、東南アジアの屋台で愛されている「バナナの春巻き」。
余りがちなバナナと春巻きの皮で簡単につくれます。ひと口サイズなので、小腹がすいたときのおやつにぜひどうぞ。

バナナの春巻き
バナナの春巻き

おうちで旅気分!東南アジアのスイーツ「バナナの春巻き」を簡単手づくり

●バナナの春巻き

パリパリの香ばしい皮と、とろ~り甘いバナナの至福のハーモニー。仕上げにふったシナモンの香りがアクセントに。

【材料(6個分)

・春巻きの皮(20cm角) 2枚
・バナナ 1/2本
・コーンスターチ(なければ片栗粉) 大さじ1
・はちみつ 大さじ2
・シナモンパウダー 少々
・水溶き小麦粉、揚げ油 各適量

【つくり方】

(1) 春巻きの皮は3等分に切る。バナナは7mm厚さの輪切りにしてコーンスターチをまぶす。

(2) 春巻きの皮にバナナ1切れをのせ、三角形になるように折りたたみ、最後に水溶き小麦粉を塗ってとめる。

(3) 深めのフライパンに1cmほど揚げ油を入れて170℃に熱し、(2)を薄いキツネ色になるまで揚げ焼きにする。

(4) 器に盛り、はちみつをかけてシナモンパウダーをふる。

[1個分67kcal]

<ポイント>

春巻きの皮をまく様子皮の端を少しあけてバナナをのせ、端を三角に折り、そのまま三角形になるように折りたたんでいきます。

<レシピ/若山曜子 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

【この記事も読まれています】