1. トップ
  2. 料理・レシピ

野菜たっぷり豚しゃぶ豆乳ゴマダレ。タレは肉にしみ込ませるのがコツ

ESSE編集部
2020.10.08
  • この記事を
    シェア

忙しくて時間がない! でも家族のためにも栄養ある食事にしたい…。
そんなときにおすすめなのが、がっつり肉と生野菜をどーんとあえるおかず。時短料理が得意な料理研究家の近藤幸子さんに、短時間でつくれて満足度も高い、野菜たっぷり豚しゃぶのレシピを教えてもらいました。

野菜たっぷり豚しゃぶ豆乳ゴマダレ
野菜たっぷり豚しゃぶ豆乳ゴマダレ

タレは肉にしみ込ませておけば、生野菜もがっつり食べられる!

ポイントは、豚肉をゆでたら熱いうちにタレにからめること。全体的に水っぽくならず、豆乳ダレのまろやかさで、肉も野菜ももりもり食べられます。野菜は定番のレタスだけでなく、香りが高いミツバも入れるといいいアクセントに。

●野菜たっぷり豚しゃぶ豆乳ゴマダレ

【材料(4人分)

・豚しゃぶしゃぶ用肉 400g
・A[豆乳(無調整)1/2カップ めんつゆ(3倍濃縮)大さじ4 すりゴマ(白)大さじ2]
・レタス 1個
・ミツバ 1束

【つくり方】

(1) 鍋にたっぷりの湯を沸かし、豚肉をゆでる。ゆであがったらボウルなどに入れ、ラップをして乾燥を防ぎながら粗熱をとる。

(2) 別のボウルにAを合わせて豆乳ゴマダレをつくり、(1)を加えてあえ、味をなじませる。

(3) ちぎったレタスと食べやすい長さに切ったミツバを器に盛り、(2)をタレごとのせる。

[1人分436kcal]

<ポイント>

豚しゃぶにタレお肉は熱いうちにタレにからめる。肉にしみ込ませておけば、しっかり味がからんで、水っぽくならずおいしく食べられます。

<料理/吉田愛 撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【近藤幸子さん】

料理研究家、管理栄養士。2児の母でもある。簡単レシピが人気で、料理教室「おいしい週末」を主宰。近着に『味が決まる! レシピがいらない中火で8分蒸し』(家の光協会刊)