1. トップ
  2. 料理・レシピ

豚コマとピーマンの梅みそ炒め。酸味と味みそでご飯がすすむ

ESSE編集部
2020.10.10
  • この記事を
    シェア

疲れがたまっているときは、食欲が湧くようなレシピがあるとうれしいですよね。
「こっくり濃い味にほどよい酸味を加えることで、驚くほどさっぱり食べられるうえに、がっつり系が食べたい家族も満足してくれますよ」と話すのは料理研究家の近藤幸子さん。
少ない手間でつくれてご飯がすすむ「豚こまとピーマンの梅みそ炒め」のレシピを教えてもらいました。

豚こまとピーマンの梅みそ炒め
豚こまとピーマンの梅みそ炒め

こっくりおいしいみそ炒めには梅をプラスすると、あと味すっきり!

こくがあっておいしいみそ味の炒め物も梅の効果であと味すっきり。ピーマンの苦味もいいアクセントになってくれます。ニンニクを加えてスタミナもアップ!

●豚こまとピーマンの梅みそ炒め

【材料(4人分)

・豚こま切れ肉 400g
・ピーマン 6個
・ゴマ油 大さじ1
・ニンニク(薄切り) 1かけ
・A[梅干し(塩分10%程度のもの・粗くつぶす)大2個(正味15g) みりん大さじ2 みそ大さじ1と1/2]

【つくり方】

(1) 豚肉は大きければ食べやすい大きさに切る。ピーマンはヘタと種を除いて乱切りにする。

(2) フライパンにゴマ油を強めの中火で熱し、ニンニクと(1)の豚肉を炒める。肉の色が変わったら、(1)のピーマンと合わせたAを加えて2分ほど炒め合わせる。

[1人分290kcal]

<ポイント>

フライパンに調味料を加える様子
味つけは合わせ調味料で手早く一気にすませます。味も全体になじみやすくなり一石二鳥。

<料理/吉田愛 撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【近藤幸子さん】

料理研究家、管理栄養士。2児の母でもある。簡単レシピが人気で、料理教室「おいしい週末」を主宰。近着に『味が決まる! レシピがいらない中火で8分蒸し』(家の光協会刊)