1. トップ
  2. 料理・レシピ

ウインナーと大豆のトマト煮。ごちそう感たっぷり簡単おかず

ESSE編集部
2020.10.16
  • この記事を
    シェア

今日は買い物に行く時間がない! というときは常備食材を使ったメニューがお役立ち。料理家の近藤幸子さんに、家にあるものでつくれてごちそう感のある「大豆のトマト煮」のレシピを教えてもらいました。
じっくり煮込んだ風のおいしいトマト煮が、10分ちょっとで完成しちゃいますよ。

大豆のトマト煮
大豆のトマト煮

大豆の水煮にトマト缶、保存食+ウインナーでごちそうおかず

使用する常備食材は、大豆水煮200g、トマト缶1缶とウインナーソーセージ。具沢山の豆とソーセージに、とろ~りチーズでごちそう感あるひと皿のでき上がり。

●大豆のトマト煮

【材料(4人分)

・ウインナソーセージ 16本
・大豆水煮(缶づめまたはパック) 200g
・トマト缶(ホール状) 1缶(400g)
・A[オリーブオイル大さじ1 ニンニク(薄切り)1かけ しょうゆ大さじ1/2 顆粒コンソメスープの素小さじ2]
・ピザ用チーズ 100g
・パセリ(みじん切り) 適量

【つくり方】

(1) 鍋にソーセージ、大豆(水煮缶の場合は缶汁をきる)、トマト缶、Aを入れ、強火にかける。ひと煮立ちしたら中火にし、10分ほど煮る。

(2) 火を止めてチーズを散らし、フタをして1分ほど蒸らす。器に盛り、パセリを散らす。

[1人分430kcal]

<料理/吉田愛 撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【近藤幸子さん】

料理研究家、管理栄養士。2児の母でもある。簡単レシピが人気で、料理教室「おいしい週末」を主宰。近着に『味が決まる! レシピがいらない中火で8分蒸し』(家の光協会刊)