1. トップ
  2. 料理・レシピ

丸めないお好み焼き風ハンバーグ。手間は最小限なのに豪華!

ESSE編集部
2020.09.09
  • この記事を
    シェア

家族が大好きなメニューの定番といえば、ハンバーグがあります。
でもハンバーグって、肉だねをこねて丸く成形して空気を抜いて…とじつは手間がかかってしまうので、忙しい平日につくるのは結構大変。
そこで、基本のハンバーグをつくる際の手間を大胆カットした、丸めないハンバーグのレシピをご紹介します。ボウルも使わず、フライパ1つでパパッとつくれますよ。

丸めないお好み焼き風ハンバーグ
丸めないお好み焼き風ハンバーグ

見た目はほぼお好み焼き!キャベツをたっぷり入れた、特大ハンバーグ

ひき肉にキャベツをたっぷり入れたハンバーグ。1個1個丸く成形はせずに、フライパンの中に肉だねの材料を入れてこねたら、そのまま広げて焼くだけ! 最後はお好み焼き風にソースやマヨネーズをトッピングして完成。時短なのに豪華な見た目で家族ウケもバッチリです。

●丸めないお好み焼き風ハンバーグ

【材料(4人分)

・豚ひき肉 400g
・キャベツ 1/4個(250g)
・A[卵1個 パン粉大さじ6 塩小さじ3/4]
・中濃ソース、マヨネーズ、青のり、カツオ 各適量

【つくり方】

(1) キャベツはみじん切りにする。

(2) 直径28cmのフライパンにひき肉、(1)、Aを入れて粘りが出るまでよく混ぜ、1cm厚さになるように広げる。フタをして強めの中火にかけ、3分ほど焼く。

(3) フタを取って、フライ返しなどで十字に切り目を入れて4等分にし、それぞれ裏返す。再びフタをして、さらに3分ほど焼く。

(4) 器に盛り、ソース、マヨネーズ、青のり、カツオ節をかける。

[1人分330kcal]

<料理/吉田愛 撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【近藤幸子さん】

料理研究家、栄養管理士。2児の母でもある。簡単レシピが人気で、料理教室「おいしい週末」を主宰。近着に『味が決まる! レシピがいらない中火で8分蒸し』(家の光協会刊)