1. トップ
  2. 料理・レシピ

「包まない」ジャンボギョーザ。手間なしなのに家族ウケ必至

ESSE編集部
2020.09.08
  • この記事を
    シェア

忙しい日々の夕飯づくり、できるだけ手間をカットして家族も喜ぶメニューをつくりたい!
そんな声にお応えして、家族が大好きだけど手間がかかるおかずを大胆に変身させた、超時短メニューをご紹介します。
今回は、とにかく大きい皮なしギョーザ。材料をこねるところから焼き上がりまでフライパン1つで、あっという間にできるんです!

お皿に包まないギョーザ
包まないギョーザ

ギョーザは包む手間をカットして、時短バージョンに大変身!

家族が大好きなギョーザだけど、1つ1つ包む手間がかかるのが短所。皮を包む手間をなくし、フライパンの中でこねて焼けばあっという間にでき上がり。
肉だねにしっかり味をつけているから、皮がなくても、ギョーザを食べてる気分になりますよ。

●包まないギョーザ

【材料(4人分)

・豚ひき肉 400g
・タマネギ 1/2個
・ニラ 1/2束
・A[しょうゆ大さじ2 片栗粉大さじ1と1/2 ゴマ油大さじ1/2 ショウガ(すりおろす)小さじ1]
・長ネギ(4cm長さに切り、芯を除いて千切りにし、10分ほど水にさらす・好みで) 適量

【つくり方】

(1) タマネギとニラはみじん切りにする。

(2) 直径28cmのフライパンにひき肉、(1)、Aをすべて入れて粘りが出るまでよく混ぜ、1cm厚さになるように広げる。フタをして強めの中火にかけ、3分ほど焼く。

(3) フタを取って、フライ返しで十字に切り目を入れて4等分にし、それぞれ裏返す。再びフタをして、さらに3分ほど焼く。

[1人分280kcal]

<ポイントその1>

フライパンで生地をこねる
フライパンでこねる

材料はボウルではなく、直接フライパンに入れてこねます。これで洗い物もカット。

<ポイントその2>

フライパンに包まないギョーザ
皮がなくても、ギョーザを食べてる気分

肉だねをこねたら、皮で包まずに丸く広げて焼くだけ。大迫力のビジュアルに家族も喜ぶこと間違いなし!

<料理/吉田愛 撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【近藤幸子さん】

料理研究家、栄養管理士。2児の母でもある。簡単レシピが人気で、料理教室「おいしい週末」を主宰。近着に『味が決まる! レシピがいらない中火で8分蒸し』(家の光協会刊)