1. トップ
  2. 料理・レシピ

塩だけなのにウマすぎる。「フライパン肉野菜蒸し」レシピ

ESSE編集部
2020.09.15
  • この記事を
    シェア

忙しい毎日の夕飯づくり、できるだけ時間をかけずに、しかもおいしいメニューをつくりたいですよね。
今回、料理研究家の近藤幸子さんに、たった8分でつくれる“フライパン蒸し”おかずを教えてもらいました。フタをしたらあとは8分蒸し煮にするだけのラクちんレシピなので、長時間コンロに立ちたくない暑い時季にもおすすめです。

基本の“フランパン蒸し”をマスターすれば、アレンジは自由自在!

塩分量と火どおりの“おいしい公式”をマスターすれば、8分蒸すだけで絶品メインが完成します。調味料もひとつだけで、肉も野菜もしっとりやわらかに。下味もフライパンでつけるので、洗い物を減らせるのも魅力です。

●8分煮たら完成!基本のフライパン蒸しのつくり方

ステップ1:肉400g+塩小さじ1

フライパンに豚肉
下味もフライパンでつければ時短に

味つけは下味で完了。フライパンの中でつけるのでラクラク。みそなら大さじ2、しょうゆなら大さじ3に。

ステップ2:野菜をのせる

フライパンにお肉とトマトなど火がとおりにくい野菜は、フライパンの底に当たるように置く。

ステップ3:水を入れてフタし、火にかける

お肉トマトが入ったフライパンにフタ水を入れ、フタをして火をつける。焦げる心配もなく8分で完成。

使う食材は3つだけ。“フライパン蒸し”でつくる絶品塩煮

今回使う食材は、豚こま切れ肉(400g)+サツマイモ小1本(200g)+トマト1個の3つ。
豚肉はパックから取り出したらそのままフライパンにイン! フライパンの中で塩をふってもんでなじませれば味つけは終了。あとは野菜と水を加えて煮るだけで完成です。素材のうま味がしっかりと引出された、塩だけとは思えぬ深い味わいに仕上がります。

●豚こまとサツマイモ、トマトの塩煮

豚こまとサツマイモ、トマトの塩煮
豚こまとサツマイモ、トマトの塩煮

【材料(4人分)

・豚こま切れ肉 400g
・サツマイモ 小1本(200g)
・トマト 1個
・塩 小さじ1
・水 大さじ5

【つくり方】

(1) フライパンに豚肉を入れ、塩をふって軽くもんでなじませ、平らに広げる。

(2) サツマイモは皮つきのまま1cm厚さの半月切りにする。トマトは4等分のくし形に切る。

(3) (1)の肉の隙間に、(2)のサツマイモをフライパンの底面に触れるように入れ、トマトを上にのせる。

(4) 分量の水を加え、フタをして中火で8分蒸し煮にする。全体に火がとおったら器に盛る。

[1人分313kcal]

<料理/吉田愛 撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【近藤幸子さん】

料理研究家、栄養管理士。2児の母でもある。簡単レシピが人気で、料理教室「おいしい週末」を主宰。近着に『味が決まる! レシピがいらない中火で8分蒸し』(家の光協会刊)