1. トップ
  2. 料理・レシピ

斬新な食感の鶏エノキギョーザ。いくらでも食べられちゃう

ESSE編集部
2020.08.01
  • この記事を
    シェア

夏と言えばギョーザ。でも、いつものギョーザに飽きたら、豚肉を鶏肉にするだけでも、味が軽くなっていくらでも食べられるおいしさになるんです。
エノキの食感とみそ風味のひと味違った絶品ギョーザのレシピを、料理家のしらいのりこさんに教えてもらいました。

鶏エノキギョーザ
鶏エノキギョーザ

ご飯に合うものはギョーザにも合う!鶏エノキギョーザのつくり方

●あっさり鶏肉+みそ風味が新鮮なおいしさ!鶏エノキギョーザ

【材料(4人分)
・鶏ひき肉 200g
・エノキダケ 2パック(200g)
・A[ショウガ(すりおろす)1かけ みそ、ゴマ油各大さじ1 コショウ少し]
・ギョーザの皮 24枚
・サラダ油、ゴマ油 各大さじ1
・水 1/2カップ
・ユズコショウ 適量

【つくり方】

(1) エノキは石づきを切り落とし、長さを4等分に切る。

(2) ボウルにひき肉を入れ、Aを入れてよく混ぜ、(1)を加えて混ぜる。

(3) ギョーザの皮に(2)を量ずつのせ、縁に水(分量外)をつけてひだを寄せながら包む。

(4) 直径26cmのフライパンにサラダ油を中火で熱し、(3)を並べ入れる。1分ほど焼いたら分量の水を回し入れてフタをし、4分ほど加熱する。フタをとって余分な水分を飛ばし、ゴマ油を回しかけ、フタをせずにさらに1分30秒ほど焼いてカリッとさせる。器に盛り、ユズコショウを添える。

[1人分294kcal]

ボウルにエノキ鶏肉など肉と調味料だけでしっかり練ってから水分の多いエノキを。餡を水っぽくしないひと工夫。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【しらいのりこさん】

シンプルな素材と手順でつくるレシピが好評。近著に『これがほんとの料理のきほん』(成美堂出版刊)。夫のジュンイチ氏と炊飯系フードユニット「ごはん同盟」としても活動。