1. トップ
  2. 料理・レシピ

サバ缶と大豆のそぼろ丼。中性脂肪を減らす最強の腸活どんぶり

ESSE編集部
2020.08.26

腸内のやせ菌を増やすことで、健康的にやせられると話題の「腸活」。
やせ菌の好物である食物繊維をたっぷりと含む豆類は、タンパク質やエネルギー代謝に不可欠なビタミンB群も多く、ダイエットに最適。そんな豆類のなかから今回は大豆を使った腸活レシピをご紹介します。

サバ缶と大豆のそぼろ丼
サバ缶と大豆のそぼろ丼

大豆&サバのWパワーでやせる!最強のダイエットどんぶり

●サバ缶と大豆のそぼろ丼

タンパク質&食物繊維が豊富な大豆に、中性脂肪を減らす作用があるサバを合わせた、最強のダイエットどんぶり。甘辛味があとを引くおいしさです。さらに腸活に最適なもち麦ご飯を選べば、腸活パワーはよりアップ! 火を使わずに、レンチンで手軽にできるのも魅力です。

【材料(4人分)

・蒸し大豆 200g
・サバ水煮缶 1缶(190g)
・A[砂糖、しょうゆ各大さじ2 酒大さじ1 おろしショウガ小さじ2]
もち麦ご飯(またはご飯) どんぶり4杯分
・万能ネギ(小口切り) 少し

【つくり方】

(1) 耐熱ガラスボウルにAを合わせて混ぜ、サバ水煮缶を缶汁ごと加えてよく混ぜる。上に蒸し大豆をのせ、ラップをふんわりとかけ、電子レンジ(600W)で8分加熱し、そのまま2分おいて蒸らす。

(2) どんぶりにもち麦ご飯を盛り、(1)を等分してかけ、万能ネギをのせる。

[1人分559kcal]

<ポイント>

豆
これでレンチン!

調味液を合わせたらサバ水煮缶を缶汁ごと加えてよく混ぜるのがコツ。その上に蒸し大豆をのせます。

<料理/藤井恵 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

  • この記事を
    シェア