1. トップ
  2. 料理・レシピ

味しみゴボウのしぐれ煮。食物繊維たっぷりでお腹もすっきり

ESSE編集部
2020.08.03
  • この記事を
    シェア

しっかり食べながら健康的にやせたいなら、腸内環境を改善し脂肪がたまりにくい体をつくる「腸活」レシピがおすすめ。
今回は、腸活に欠かせない食物繊維や腸内の善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖を多く含む、ゴボウを使ったレシピをご紹介します。

ゴボウと牛肉のしぐれ煮
ゴボウと牛肉のしぐれ煮

ゴボウたっぷりの優しい煮物もレンジ調理ならほったらかしOK!

●ゴボウと牛肉のしぐれ煮

じっくり煮込んだような味わいのしぐれ煮も電子レンジ調理ならほったらかしでOK! 肉を下に、ゴボウを上にして加熱することでシャキシャキ感を生かしつつ、味しみもバッチリです。

【材料(4人分)
・ゴボウ 1本(150g)
・牛切り落とし肉 300g
・A[酒、しょうゆ各大さじ2 砂糖、はちみつ各大さじ1 おろしショウガ小さじ2 サラダ油小さじ1]

【つくり方】

(1) ゴボウは皮をこそげ、ささがきにする。

(2) 耐熱ガラスボウルにAを合わせて牛肉を加えて混ぜ、(1)をのせる。ラップをふんわりとかけ、電子レンジ(600W)で10分加熱し、そのまま3分おいて蒸らす。全体をよく混ぜ、器に盛る。

[1人分278kcal]

<ポイント>

ボウルにゴボウなど
これでレンチン!

肉を下に、ゴボウを上にすると味がしみながらもシャキシャキとした食感に仕上がります。

<料理/藤井恵 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>