1. トップ
  2. 料理・レシピ

トマトだけでサラダが完成。ドレッシングも身近な調味料で簡単に

ESSE編集部
2020.09.18

キュウリやトマトなどそのままでもおいしい野菜は、やっぱりサラダでいただくのが一番。まだ暑さが残るこの時季、火を使わずにできるのもうれしいポイントです。
料理家の上田淳子さんに、自家製ドレッシングの黄金比と、トマトサラダのレシピを教わりました。この手間で、このおいしさは反則級! 好きな野菜で自由自在にアレンジするのもおすすめです。

サラダは1素材を使いきり。手づくりドレッシングで全体をあえて

野菜を何種類も使おうとしなければ、野菜が余ったり、味に迷うこともありません。自家製ドレッシングも身近な調味料を混ぜるだけで簡単。

●基本のドレッシングの材料
・油大さじ2
・酢大さじ1
・塩小さじ1/4
・コショウ(黒)少し

●1素材でも大満足。トマトサラダ

トマトサラダ

大きく大胆に切れば食べごたえも抜群。スライスなど気分で切り方を変えてもおいしくできます。

【材料(4人分)

・トマト 4個(400~500g)
・A[オリーブオイル大さじ2 酢大さじ1 塩小さじ1/4 コショウ(黒)少し]
・青ジソ(あれば) 2枚

【つくり方】

(1) トマトは6等分のくし形に切る。

(2) ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、(1)を加えてあえる。器に盛り、好みで青ジソを小さくちぎりながら散らす。

[1人分75kcal]

【POINT】

ボウルのトマトを混ぜる本来のサラダは、ドレッシングをかけるのではなくあえるのが主流。あえることで、うま味が全体にしみ渡る。

基本の味つけさえ覚えれば、あとはアレンジ無限大。そのとき冷蔵庫にある食材を使って、食卓を楽しんでみましょう。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【上田淳子さん】

料理研究家。海外での修業やシェフ、パティシエを経て独立。双子の息子の母で、20年以上食卓をきり盛りした経験から生み出されるレシピにファンも多い。著書に『子どもはレシピ10個で育つ』(光文社刊)など

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】