1. トップ
  2. 料理・レシピ

鶏モモの卵とじ丼。味つけはめんつゆ、調理はフライパンで簡単

ESSE編集部
2020.09.06
  • この記事を
    シェア

暑さは落ち着いてきたとはいえ、まだキッチンに立つのは疲れちゃうもの…。
だからこそ手をかけず、パッと出せるレシピは覚えておきたいものです。そんな簡単なのにおいしい、お助けレシピを料理家の上田淳子さんに教わりました。

時間がないときは、卵とじにするとごちそう感が生まれる

困ったときの救世主メニュー! 冷蔵庫にある食材を甘辛の卵でとじるだけで、子どもは大喜びで食べてくれます。野菜がたりないと思ったら、翌日の食事でカバーすれば問題ありません。

●鶏モモの卵とじ丼

鶏モモの卵とじ丼

のりは栄養も豊富なのでたっぷりのせましょう。タマネギやスナップエンドウ、青菜などの野菜や、揚げ玉やちくわなど、なにを加えてもおいしくできます。

【材料(4人分)

・鶏モモ肉(から揚げ用) 300g
・めんつゆ(2倍濃縮) 1/2カップ
・水 120ml
・卵 4個
・温かいご飯 茶碗4杯分
・焼きのり 適量

【つくり方】

(1) フライパンに鶏肉、めんつゆ、水を入れてフタをし、中火で熱する。煮立ったら弱火にして5分ほど煮て、一度取り出す。

(2) 卵2個は割りほぐす。

(3) 器にご飯を盛る。(1)のフライパンに(1)の1/2量を戻し入れて中火で熱し、煮立ったら(2)の1/2量を回し入れる。固まり始めたら残りの(2)を再び回し入れ、好みの半熟状に火をとおす。ご飯を盛った器2つに卵とじを均等にかける。残りも(2)、(3)と同様につくる。

[1人分505kcal]

【POINT】

フライパンに卵を注ぐ4人分一気に卵でとじるのは難しいので2人分ずつつくる。溶き卵も2回に分けて加えると、卵がカチカチに固まらず、とろとろに!

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【上田淳子さん】

料理研究家。海外での修業やシェフ、パティシエを経て独立。双子の息子の母で、20年以上食卓をきり盛りした経験から生み出されるレシピにファンも多い。著書に『子どもはレシピ10個で育つ』(光文社刊)など