1. トップ
  2. 料理・レシピ

具材をさっと煮て完成のやせスープ。マスタード風味でごちそう感たっぷり

ESSE編集部
2020.06.23
  • この記事を
    シェア

栄養価が高く、満腹感も得られる野菜スープはダイエットに最適。キャベツやスナップエンドウといった火がとおりやすい野菜なら、長く煮込む必要がないので夏場にもうってつけです。
根菜類を使うより糖質量が抑えられるのもうれしいポイント! 粒マスタードの酸味が味に深みを与えてくれますよ。

ソーセージとキャベツのマスタード煮
ソーセージとキャベツのマスタード煮

野菜とたっぷりのソーセージで満腹! さっと煮でつくれる糖質オフスープ

●ソーセージとキャベツのマスタード煮

さっと煮える具材であっという間につくれるのがうれしい! 粒マスタードの甘酸っぱさが、おいしくからまる一品です。

【材料(4人分)
・ウインナソーセージ 12本
・キャベツ 1/4個(300g)
・スナップエンドウ 150g
・A[水2カップ 白ワイン大さじ2 ローリエ1枚 顆粒コンソメスープの素小さじ1]
・ニンニク(薄切り) 1かけ
・B[粒マスタード大さじ2 塩小さじ1/3]
・粗びきコショウ(黒) 少し

【つくり方】

(1) ソーセージは縦に1本切り込みを入れる。キャベツは4~5cm四方に切り、スナップエンドウは筋を除いて縦半分に割る。

(2) フライパンにAを入れて中火で熱し、煮立たったら(1)のキャベツ、ソーセージ、ニンニクを入れる。フタをして弱火にし、キャベツがしんなりとするまで4~5分煮る。(1)のスナップエンドウ、Bを加えて1~2分煮、器に盛ってコショウをふる。

[1人分209kcal/糖質量8.1g]

<監修/牧田善二先生 料理/新谷友里江 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>