1. トップ
  2. 料理・レシピ

鶏胸肉とセロリの香味炒め。下味効果でお肉しっとり

ESSE編集部
2020.06.10
  • この記事を
    シェア

やせたい意欲が高まるこの時期、晩ごはんから糖質オフに変えてみませんか?
今回ご紹介するのは、糖質オフ食材の鶏胸肉を使った炒め物。セロリとキクラゲを加えて栄養もばっちり。おすすめおかずです。

鶏肉、セロリ、キクラゲの香味炒め
パサつきがちな鶏胸肉もしっとり

しっとり鶏胸肉の炒め物。しっかり食べられて低糖質

●鶏肉、セロリ、キクラゲの香味炒め

パサつきがちな鶏胸肉も、下味効果でしっとり! セロリの香りとキクラゲの食感がいいアクセント。

【材料(4人分)
・鶏胸肉 2枚
・セロリ 2本
・キクラゲ(乾燥) 10g
・A[しょうゆ、酒、片栗粉各小さじ1]
・ニンジン 1/4本
・サラダ油 大さじ1と1/2
・B[ニンニク、ショウガ(各みじん切り)各1かけ 長ネギ(みじん切り)10cm]
・C[しょうゆ小さじ2 塩、みりん、ゴマ油各小さじ1]

【つくり方】

(1) キクラゲは袋の表示どおりに水で戻し、食べやすい大きさに切る。鶏肉は5mm厚さのそぎ切りにし、Aをもみ込む。セロリは小さめのひと口大の乱切りにし、ニンジンは細切りにする。

(2) フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、(1)の鶏肉を入れて4~5分炒める。サラダ油大さじ1/2をたし、Bを加えて香りが立つまで炒める。

(3) (2)に(1)のセロリ、ニンジン、キクラゲを加えて炒め、混ぜ合わせたCを加えて炒め合わせる。

[1人分223kcal/糖質量4.0g]

<監修/牧田善二 料理/藤井恵 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>