1. トップ
  2. 料理・レシピ

レモンが効いた大人のチーズタルト。バットがあれば型は不要

ESSE編集部
2020.05.05
  • この記事を
    シェア

おうちにいるゴールデンウィーク、せっかくだから本格風なお菓子づくりに挑戦してみたいですね。
そこで、ちょっぴり大人向けなレモンチーズタルトはいかがですか? 型は不要。バットがあれば、簡単につくれるんです。料理家の髙山かづえさんにレシピを教えてもらいました。

レモンチーズタルト
家庭でとろけるような味に。レモンチーズタルト

バットでつくるレモンチーズタルト。家庭でとろけるような味に

●レモンチーズタルト

甘酸っぱい、レモンの風味が効いた大人味のレモンチーズタルト。
カスタードクリームとクリームチーズを合わせ、とろけるようなおいしさに。サクサクのビスケットとも好相性なんです。

【材料(16×20.5×3cmのバット1台分)
・クリームチーズ 200g
・ビスケット(市販品) 12枚(約100g)
・無塩バター 50g
・卵 1個
・グラニュー糖 50g
・薄力粉 大さじ1
・生クリーム(乳脂肪分45%以上) 1/2カップ
・レモン(国産) 1個

【下準備】
・クリームチーズは室温に戻す
・薄力粉はふるう
・レモンは果汁を絞り、表皮をすりおろす
・バットにクッキングシートを敷く
・耐熱容器にバターを入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で30~40秒加熱して溶かす
・オーブンを200℃に予熱する

【つくり方】

手でしっかりと押さえる

(1) ポリ袋にビスケットを入れて粗く割り、めん棒を転がして細かくつぶす。溶かしたバターを加え、全体になじむように袋の上からもみ混ぜる。バットに入れて底面と側面に広げ、手でしっかりと押さえてならす。

卵を泡立て器で混ぜる

(2) 小鍋に卵を割り入れて泡立て器でほぐし、グラニュー糖を加えてしっかり混ぜる。薄力粉、生クリームの順に加え、その都度よく混ぜる。熱しながら混ぜる中火で熱し、もったりとしてくるまで2分ほど混ぜ続け、火を止める。

クリームチーズを入れて混ぜる

(3) (2)にクリームチーズを加えてよく混ぜる。レモン汁を加えるさらに、レモンの表皮1/2量、レモンの絞り汁(大さじ2)を加えてよく混ぜる。

パッドに流し入れる

(4) (3)を(1)に流し入れ、ゴムベラで表面をならす。バットを天板にのせてオーブンの下段に入れ、10分焼く。バットごと網にのせて粗熱をとり、ラップをかけて冷蔵庫に3時間以上入れて冷やす。食べやすい大きさに切って器に盛り、残りのレモンの表皮を散らす。

[全量2234kcal]

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【髙山かづえさん】

料理研究家、ワインソムリエ。つくりやすいレシピ提案が魅力で、見栄えよく、おいしく仕上がると大好評。雑誌、テレビなどで活躍中