1. トップ
  2. 料理・レシピ

バットでつくるベイクドチーズケーキ。クリーミーで濃厚なコク

ESSE編集部
2020.05.03
  • この記事を
    シェア

普段甘い物が得意じゃないという人にもファンが多い、チーズのおやつ。
ここではバットでつくれる本格ベイクドチーズケーキのレシピをご紹介します。

ベイクドチーズケーキ
バットでつくるベイクドチーズケーキ

クリームチーズ、ヨーグルト、ビスケットでつくるベイクドチーズケーキ

●ベイクドチーズケーキ

クリーミーでコクがある、リッチな食べごたえ。
生地に加えたバターがダマになりやすいので、チーズや卵は少しずつ加えて混ぜると、口当たりよく仕上がります。

【材料(16×20.5×3cmのバット1台分)
・クリームチーズ 200g
・ビスケット(市販品) 8枚(75g)
・無塩バター 75g
・グラニュー糖 60g
・卵黄 1個分
・卵 1個
・薄力粉 大さじ1
・プレーンヨーグルト(無糖)1/2カップ

【下準備】
・クリームチーズ、バター、卵黄、卵、ヨーグルトは室温に戻す
・薄力粉はふるう
・バットにクッキングシートを敷く
・耐熱容器にバター35gを入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で20~30秒加熱して溶かす
・オーブンを160℃に予熱する

【つくり方】

手でおさえる

(1) ポリ袋にビスケットを入れて粗く割り、めん棒を転がして細かくつぶす。溶かしたバター(35g)を加え、全体になじむように袋の上からもみ混ぜる。バットに入れて底面に広げ、手でしっかりと押さえてならす。

ゴムべらで混ぜる

(2) ボウルに残りのバター(40g)、グラニュー糖を入れ、ゴムベラでなめらかになるまで練り混ぜる。クリームチーズを加えて少しずつ混ぜ、なめらかになるまで混ぜる。

卵黄を加える

(3) (2)に卵黄、卵、薄力粉、ヨーグルトの順に加え、その都度泡立て器で均一になるまで混ぜる。

パッドに流し入れる

(4) (3)を(1)に流し入れ、水平に持ち上げて濡れたふきんの上に2~3回軽く落とし、生地の中の空気を抜く。バットを天板にのせてオーブンの下段に入れ、表面に焼き色がつくまで45~50分焼く。バットごと網にのせて粗熱をとり、ラップをかけて冷蔵庫に2時間以上入れて冷やす。ケーキを取り出し、食べやすい大きさに切る。

[全量2054kcal]

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【髙山かづえさん】

料理研究家、ワインソムリエ。つくりやすいレシピ提案が魅力で、見栄えよく、おいしく仕上がると大好評。雑誌、テレビなどで活躍中