1. トップ
  2. 料理・レシピ

サバ缶の卵とじ丼。汁も使うからうま味&栄養もたっぷり

ESSE編集部
2020.06.04

健康食材としておなじみのサバ缶を常備している人は多いのでは。同じく常備食材の卵と合わせれば、あっという間に栄養バッチリのどんぶりが完成します。
うま味がたっぷり詰まった汁ごと使うから、味つけはしょうゆだけ! 暑い日のパパっとランチにおすすめです。

サバ玉丼
サバ缶を使った栄養満点の丼

サバ缶のうま味を卵でとじこめる! 栄養満点のスピード丼

●サバ玉丼

火がとおっているサバ缶なら、あっという間に1品完成!

【材料(4人分)

・サバ水煮缶 2缶(190g×2)
・卵 6個
・温かいご飯 どんぶり4杯分(800g)
・長ネギ 1本
・ゴマ油 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・七味唐辛子、刻みのり(好みで) 各適量

【つくり方】

(1) 長ネギは縦半分に切ってから幅5mmの斜め切りにする。卵はほぐし、サバ缶の汁のみを加えて混ぜる。

(2) フライパンにゴマ油を中火で熱し、(1)の長ネギを香りが出るまで炒める。サバを加えてさっと炒め、(1)の卵液を流し入れる。箸で大きくかき混ぜ、ふんわりと半熟状になったら強火にし、鍋肌からしょうゆを回し入れてフライパンをゆすってなじませる。

(3) 器にご飯を盛り、(2)を等分にのせる。好みで刻みのりをのせ、七味唐辛子をふる。

[1人分622kcal]

<料理/髙山かづえ 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】