1. トップ
  2. 料理・レシピ

献立に困ったら野菜たっぷり豆乳鍋。あとがけゴマ油がたまらない

ESSE編集部
2020.05.12
  • この記事を
    シェア

自炊に疲れていよいよ献立が思いつかない…。そんな日は、具材を切って煮るだけのお鍋をメインにしてみませんか?
豚肉×コマツナという鉄板の組み合わせも、豆乳ベースにゴマ油をきかせたスープでひと味違った味わいが楽しめます。豚肉になじませた塩が、奥深いうま味を引き出してくれますよ。

豚肉とコマツナのコクうま豆乳鍋
豚肉とコマツナのコクうま豆乳鍋

“後がけ”ゴマ油で香り高く!子どもも喜ぶ野菜たっぷり豆乳鍋

●豚肉とコマツナのコクうま豆乳鍋

即席塩豚から出たうま味が、スープ全体に広がります。

【材料(4人分)
・豚ロースしゃぶしゃぶ用肉 400g
・コマツナ 大1袋(300g)
・塩 大さじ1/2
・シイタケ 2パック(200g)
・味つけザーサイ 60g
・A[豆乳(成分無調整)4カップ 水2カップ]
・ゴマ油 適量

【つくり方】

(1) 豚肉は塩を全体にふってなじませ、10分おく。コマツナは根元を切り落とし、4cm長さに切る。シイタケは軸を切り落として3等分のそぎ切りにする。

(2) 鍋に(1)のシイタケ、ザーサイ、Aを加え、中火にかける。煮立ったら(1)の豚肉を加えてひと煮し、さらに(1)のコマツナを加えてさっと煮る。仕上げにゴマ油を回しかける。

[1人分377kcal]

<ポイント>

豚肉に塩をふる薄切り肉に塩をふって10分で塩豚に。塩を手で押さえて肉になじませるのが、時短のコツです。

<料理/髙山かづえ 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>