1. トップ
  2. 料理・レシピ

塩漬けサーモンがプリッと絶品。卵黄&納豆添えのぜいたく丼

ESSE編集部
2020.05.10
  • この記事を
    シェア

魚の漬け丼と言えば、しょうゆをイメージする人が多いかもしれませんが、塩で締めた刺身もうま味が凝縮されて絶品なんです!
納豆と卵黄でまろやかさもプラスして、大満足の一品に。火を使いたくないときのランチにもおすすめ!

サーモンの塩漬け丼
サーモンの塩漬け丼

塩漬けサーモンでご飯がすすむ!火を使わずにできるスピード丼

●サーモンの塩漬け丼

サーモンのおいしさを塩で凝縮。納豆の味つけも塩オンリーの潔さ!

【材料(4人分)
・サーモン(刺身) 250g
・温かいご飯 どんぶり4杯分(800g)
・塩 適量
・カイワレ 1パック
・納豆(ひきわり) 4パック
・卵黄 4個

【つくり方】

(1) バットにペーパータオルを敷き、サーモンを1枚ずつ重ならないようにのせる。全体に塩大さじ1/2をふり、上にペーパータオルをかぶせて冷蔵庫で10分おく。

(2) カイワレは根元を切り落とし、2cm長さに切る。納豆は1パックごとに塩ひとつまみをふってよく混ぜる。

(3) 器にご飯を盛り、(1)のサーモン、(2)の納豆とカイワレを等分に、卵黄を1個ずつのせる。

[1人分646kcal]

<ポイント>

サーモンに塩をふる塩をふるのは味つけのためと、魚の臭みを抜くため。出てきた水分はきちんとふき取りましょう。

<料理/髙山かづえ 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>