1. トップ
  2. 料理・レシピ

下味冷凍ですぐ完成!ほっと温まる台湾風うどん

ESSE編集部
2020.06.16
  • この記事を
    シェア

忙しいときのおうちごはんには、下味保存をしたお肉があるととても便利!
温めるだけでOKのうどんにのっけるだけで、家族を待たせることなく大満足のランチが完成します。今日は軽く済ませたいな、という日の夕食にもおすすめです。

台湾風牛肉麺
台湾風牛肉麺

牛肉の下味には相性抜群のオイスターソースを!手頃な牛こまも深い味わいに

●牛肉の下味つけ

調味料ファスナーつき保存袋に[オイスターソース、酒各大さじ2、酢大さじ1]を入れてよく混ぜ合わせる。

保存袋に牛肉[牛こま切れ肉300g]を半量ずつ、2回に分けて袋に入れ、その都度よくもみ込んで、ムラなく全体に味がしみ渡るようにする。

・保存期間/冷蔵約2日間、冷凍約3週間
・冷凍の場合、調理前に解凍する

●ゆでうどんを使って手早く!体の芯から温まる、台湾風牛肉麺

台湾のソウルフードを簡単アレンジ。オイスターソースベースの牛肉に、めんつゆのスープがこっくりとマッチします。

【材料(4人分)
・下味をつけた牛こま切れ肉 300g
・大根(皮をむいて半月形の薄切り) 200g
・塩 小さじ1
・油(サラダ油やオリーブオイル) 小さじ2
・ゆでうどん(4袋) 400g
・水 6カップ
・めんつゆ(ストレート) 100ml
・万能ネギ(小口切り) 6本

【つくり方】

(1) 大根はボウルに入れ、塩をふって2~3分おく。しんなりとしたら、水気を軽く手で絞る。

(2) フライパンに油を入れて中火で熱し、牛肉をサッと炒め、色が変わったら保存袋内の調味液と(1)を加えて弱火で混ぜ合わせる。

(3) 鍋に水とめんつゆを入れて中火にかけ、ふつふつと沸いたら、うどんを入れ、温まったら火を止める。器に盛り、(2)と万能ネギをのせる。

[1人分366kcal]

<料理/山脇りこ 撮影/大森忠明 取材・文/ESSE編集部>