1. トップ
  2. 料理・レシピ

濃厚カルボナーラも罪悪感なし。しらたきやキャベツ代用で満腹に

ESSE編集部
2020.05.11
  • この記事を
    シェア

自粛期間も延長され、活動量が減るとダイエットが気になります。そこで毎日のご飯のエネルギー量を少しでも下げられたら…そんなときに便利な食材がしらたきです。
今回は、しらたきのカルボナーラを紹介します。

大好きなカルボナーラもしらたきにすれば罪悪感なし!糖質オフメインおかず

しらたきカルボナーラ
しらたきもカルボナーラ風にすれば満足!

●しらたきカルボナーラ

麺をしらたきや細切りキャベツ、エノキで代用。皆が大好きな濃厚パスタを、おいしく糖質オフ。

【材料(4人分)
・しらたき 600g
・ベーコン(スライス) 4枚
・顆粒洋風だし 小さじ2
・エノキダケ 300g
・キャベツ 300g
・A[卵黄4個分 生クリーム1/2カップ 塩小さじ1/4]
・オリーブオイル 小さじ2
・塩 小さじ1/4
・粗びきコショウ(黒) 適量
・粉チーズ 大さじ1

【つくり方】

(1) しらたきを食べやすい長さに切って鍋に入れ、水をたっぷり注ぐ。中火で熱して煮立ったら、弱火にして5分ほどゆでる。ザルに上げて水気をきり、熱いうちにボウルに入れて顆粒洋風だしを加えてからめる。

(2) エノキは石づきを除いて長さを半分に切り、キャベツは5mm幅の細切りにする。ベーコンは5mm幅に切る。ボウルにAを入れ、溶き混ぜる。

(3) フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、(2)の具材を入れて炒める。しんなりとしたら塩と、コショウ少しをふり、(1)のしらたきを加えて炒め合わせる。(2)のAを加えてざっと混ぜ、器に盛って粉チーズと、コショウ少しをふる。

[1人分299kcal/糖質量7.0g]

<調理のpoint>しらたきに洋風だしをからめ味がなじむように

しらたきを混ぜる様子淡泊なしらたきは、カルボナーラソースとからめる前に洋風だしで下味をつけておく。濃厚なカルボナーラソースとなじみやすくなり、食べたときの一体感が増す。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●監修/牧田善二先生

AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。20万人以上の患者を診療し、正しく糖質オフを実践するための食事療法も指導している。食事に関する著書も多数。

●料理/きじまりゅうたさん

料理研究家。身近な食材を使って手軽につくれる料理が雑誌やテレビで人気。自身の糖質オフダイエットの経験を生かした、リアルなメニュー提案も好評。