1. トップ
  2. 料理・レシピ

おからパウダーで罪悪感なしフライドチキン。カラリと仕上がる!

ESSE編集部
2020.03.25
  • この記事を
    シェア

揚げ物が食べたいけど、衣の糖質が気になる…なんて人にぜひ覚えてほしいのが、衣をおからパウダーに置き換える糖質オフのテクニック。
カラリと揚がるうえ、子どもにも喜ばれる味つけのレシピを、料理家の近藤幸子さんに教えてもらいました。

晩ごはんに!おからパウダーを使った糖質オフのフライドチキン

おからパウダーのフライドチキン
おからパウダーを使ったフライドチキン

●おからパウダーのフライドチキン

衣におからパウダーを使って糖質ダウン、マヨネーズベースの下味で、子どもも喜ぶ味になります。

【材料(4人分)
・鶏モモ肉 2枚(600g)
・A[マヨネーズ大さじ2 ニンニク(すりおろす)小さじ1 塩小さじ3/4 コショウ少し]
・ミズナ 1/2束
・カイワレ 1パック
・B[おからパウダー100g 顆粒洋風だし小さじ1]
・揚げ油 適量

【つくり方】

(1) 鶏肉は1枚を6等分に切ってボウルに入れ、Aを加えてよく混ぜ合わせる。ミズナはざく切りにし、カイワレは根元を切り落とす。

(2) ポリ袋にBを入れて混ぜ、(1)の鶏肉を加えてまぶしつける。

(3) フライパンに揚げ油を深さ1cmほど入れ、(2)の余分な粉を落としてから並べ入れる。強めの中火で熱し、そのまま触らずに4分ほど揚げ、途中で衣が固まったら1度裏返す。火を止めてそのまま4分ほどおいてから強火にかけ、ときどき上下を返しながらこんがりと色づくまで揚げる。器に盛り、(1)のミズナとカイワレを混ぜ合わせて添える。

[1人分659kcal/糖質量3.8g]

※子ども、妊娠中やその可能性のある方、持病のある方は糖質オフを行う前に主治医に相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐに中断してください。

※極端なダイエットは健康を損なうおそれがありますので注意が必要です。

<監修/牧田善二 料理/近藤幸子 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>