1. トップ
  2. 料理・レシピ

焼きトウモロコシとみそバターの絶品鍋。シメは当然ラーメン

ESSE編集部
2020.02.07
  • この記事を
    シェア

冬の食卓に鍋はとっても便利! だからこそ鍋のバリエーションはたくさん覚えておきたいもの。
今回紹介するのは、いつもの材料だけでできるごちそう鍋。しかも、シメのことまで考えられているから、家族にも喜ばれますよ。

焼きトウモロコシとキャベツのみそバター鍋
冬に最高の焼きトウモロコシとキャベツのみそバター鍋

シメのために食べたいご馳走鍋。お肉も野菜もたっぷり

●焼きトウモロコシとキャベツのみそバター鍋(和風みそベース)

バターで香ばしく焼いたコーンとキャベツが美味。風味バツグンのつゆを飲み干したくなるけれど、シメのラーメン用に残しておくことをお忘れなく!

【材料(4人分)】

・豚バラ薄切り肉 400g
・コーン缶(ホール状) 200g
・キャベツ 1/3個
・シメジ 1パック
・バター 20g
・粉チーズ 適量
・A[水4カップ 顆粒鶏ガラスープ大さじ2 みそ大さじ4 酒大さじ3 ニンニク(すりおろす)1/2かけ]

【つくり方】

(1) 豚肉は4cm幅に切る。キャベツはひと口大に切る。シメジは石づきを除いてほぐす。

(2) 鍋にバターの半量を溶かし、汁気をきったコーンとキャベツを中火で炒める。コーンに焼き色がついたら、Aを加える。

(3) (2)がフツフツとしてきたら、(1)の豚肉とシメジを加える(豚肉はまず半量だけ入れ、たしながら食べても)。具材に火がとおったら、残りのバターを加えて粉チーズをふる。

[1人分526kcal]

★シメはこれ!

味噌バター鍋にインスタントラーメン残った鍋に、インスタントラーメン(麺のみ)適量を入れて煮込み、みそバターラーメンに。

●鶏肉とアボカドのユズクリーミー鍋(洋風ミルクベース)

アボカドは、温めると風味が増して、とろっとした食感もおいしい! まろやかな味わいのあとにくる、ユズコショウのさわやかな辛さがアクセント

鶏肉とアボカドのユズクリーミー鍋

【材料(4人分)】

・鶏モモ肉 400g
・アボカド 2個
・白菜1/4個
・万能ネギ 4本
・A[水1・1/2カップ 顆粒鶏ガラスープ大さじ2]
・B[牛乳3カップ ユズコショウ小さじ1~2]

【つくり方】

(1) 鶏肉、白菜はひと口大に切る。アボカドは半分に切って種と皮を除き、縦8等分のくし形切りにする。万能ネギは3cm長さの斜め切りにする。

(2) 鍋にAを合わせて中火にかける。フツフツとしてきたら少し火を弱め、(1)の鶏肉を入れて7~8分加熱する。

(3) (2)にBを加えて中火にし、(1)の白菜を加える。白菜がクタッとしたら、アボカドを加え、万能ネギを散らす。

[1人分392kcal]

★シメはこれ!

鶏肉とアボカドのユズクリーミー鍋にうどん残った鍋に、ゆでうどん適量を加えて味がなじむまで煮込み、粗びきコショウ(黒)をふる。

3つの調味料を合わせるだけで脱マンネリ!鍋のつけダレバリエーション

水炊きやしゃぶしゃぶなど、家でつくるいつもの鍋は、つけダレをちょっと変えるだけで、ぐんと新鮮な味わいに。3つの調味料を合わせるだけだから、食べ比べも気軽に楽しめます!

●しゃぶしゃぶ、みそ鍋に ゴママヨポン酢

ゴママヨポン酢

【材料(1人分)】

ポン酢しょうゆ大さじ2、すりゴマ(白)小さじ1、マヨネーズ小さじ2

●淡泊な魚介鍋が味変! カレーマヨポン酢

カレーマヨポン酢

【材料(1人分)】

ポン酢しょうゆ大さじ2、カレー粉少々、マヨネーズ小さじ2

●水炊き、あっさり系鍋に オリーブレモンポン酢

オリーブレモンポン酢

【材料(1人分)】

ポン酢しょうゆ大さじ2、レモンの絞り汁小さじ1、オリーブオイル少し

●しょうゆ系鍋、塩系鍋に ハニージンジャーポン酢

ハニージンジャーポン酢

【材料(1人分)】

ポン酢しょうゆ大さじ2、おろしショウガ小さじ1/2、はちみつ小さじ1

●コク系鍋に辛味をプラス ピリ辛トマトおろし

ピリ辛トマトおろし

【材料(1人分)】

大根おろし大さじ3、トマトケチャップ小さじ1、タバスコ少し

●水炊きや韓国系鍋はコレ ゴマ油コショウおろし

ゴマ油コショウおろし

【材料(1人分)】

大根おろし大さじ3、ゴマ油小さじ1、粗びきコショウ(黒)小さじ1/4

●塩鍋、ニンニク系鍋にも のりワサビおろし

のりワサビおろし

【材料(1人分)】

大根おろし大さじ3、のりのつくだ煮小さじ2、おろしワサビ少し

●すき焼きほか、塩鍋にも 卵みそダレ

卵みそダレ

【材料(1人分)】

溶き卵1個、みそ小さじ1/2

<レシピ/料理/エダジュン 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

【この記事も読まれています】