1. トップ
  2. 料理・レシピ

寒い夜はつくねとミズナの香味ネギ塩鍋。大葉やスダチで味変も

ESSE編集部
2020.01.30
  • この記事を
    シェア

シンプルで奥深い味わいの鍋つゆが決め手! いつもの鍋の材料だけで、格段においしくなるごちそう鍋レシピが勢ぞろい。シメまで絶品で、毎日食べてもまた食べたくなること請け合いです。

ぜ~んぶ〆まで楽しめる。いつもの食材で簡単!毎日食べたい絶品鍋

●つくねとミズナの香味ネギ塩鍋(和風塩ベース)

ゴマ油とショウガが効いた塩ベースの鶏だしに、ゴロゴロッと食べごたえのあるつくねがマッチ。スダチを絞るだけで味変も楽しめ、食べ飽きません。

つくねとミズナの香味ネギ塩鍋
和風鍋は、つくねのバリエでおいしさ無限大!

【材料(4人分)】

<基本のつくね>
・鶏モモひき肉 400g
・卵 1個
・片栗粉 大さじ3
・塩 小さじ1/2
・酒 大さじ1

・ミズナ 1束
・長ネギ 1本
・厚揚げ 2枚
・A[水4カップ 顆粒鶏ガラスープ、酒各大さじ2 ショウガ(すりおろす)1かけ ゴマ油小さじ2 塩小さじ1/2]
・ラー油 適量
・スダチ(半分に切る) 適量

【つくり方】

(1) ボウルに基本のつくねの材料をすべて入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。

(2) ミズナは7cm長さに切る。長ネギは小口切りにする。厚揚げは半分に切り、1cm厚さに切る。

(3) 鍋にAを合わせて中火にかける。フツフツとしてきたら、(1)のつくねをひと口大ずつに丸めて入れ、7~8分加熱する。

(4) つくねに火がとおったら、(2)を入れてひと煮し、ラー油を回しかける。器に取り分け、好みでスダチを絞る。

[1人分342kcal]

<POINT>

2つのスプーンでつくねを丸めるつくねはスプーン2本を使って丸めながら鍋に落とし入れると、手にくっつかずきれいな丸形に。

●シメはこれ!

お鍋にそうめん残った鍋に、そうめん適量を入れ、火がとおるまで煮込む。

基本のつくねに混ぜるだけでOK!和・洋・中楽しめるつくねバリエ

つくね3種
左から桜エビオイスターつくね、バジルチーズつくね、大葉ショウガつくね

基本のつくねの材料に、それぞれ2素材プラスするだけの簡単アレンジ。基本のつくねと入れ替えても、組み合わせてもおいしい! いつもの鍋にも大重宝します。

●大葉ショウガつくね(和風味)

【材料(4人分)】

基本のつくね全量、青ジソ(みじん切り)6枚、ショウガ(すりおろす)1/2かけ

●バジルチーズつくね(洋風味)

【材料(4人分)】

基本のつくね全量、バジルの葉(みじん切り)10枚、ピザ用チーズ20g

●桜エビオイスターつくね(中華味)

【材料(4人分)】

基本のつくね全量、桜エビ(みじん切り)5g、オイスターソース大さじ1

鶏肉と長ネギのザーサイ鍋(中華塩ベース)

シンプルな具材だけなのに、ザーサイ、オイスターソース、カレー粉の絶妙なバランスで、手間暇かけたような本格中華の鍋が完成!

鶏肉と長ネギのザーサイ鍋

【材料(4人分)】

・鶏モモ肉 400g
・長ネギ 2本
・大根 4cm
・油揚げ 2枚
・味つけザーサイ(市販品) 50g
・A[水4カップ 酒大さじ4 顆粒鶏ガラスープ、オイスターソース各大さじ2 カレー粉小さじ1]
・ゴマ油 小さじ2

【つくり方】

(1) 鶏肉はひと口大に切る。長ネギは4cm長さに切る。大根はピーラーで薄く切る。油揚げは熱湯にさっとくぐらせて縦半分に切り、4等分に切る。ザーサイは粗めに刻む。

(2) 鍋にAを合わせて中火にかける。フツフツとしてきたら少し火を弱め、(1)の鶏肉、長ネギ、大根、油揚げを入れて10分ほど加熱する。

(3) 鶏肉に火がとおったら(1)のザーサイを散らし、ゴマ油を回しかける。

[1人分270kcal]

●シメはこれ!

ザーサイ鍋にご飯残った鍋にご飯適量を加えてひと煮し、溶き卵を回しかけて雑炊に。

<レシピ・料理/エダジュン 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

【この記事も読まれています】