1. トップ
  2. 料理・レシピ

罪悪感ゼロで節約にも。モヤシとパリパリワンタンおつまみ

2020.01.14
  • この記事を
    シェア

年末年始、ちょっとお金使いすぎたから外食は控えめ、でもお酒は飲みたい…そんなときに簡単につくれる節約食材の代表格「モヤシ」を使ったおつまみレシピをご紹介します。
お酒も進みますよ! 料理家のぐっち夫婦に教えてもらいました。

モヤシのパリパリ香味だれ
モヤシのパリパリ香味だれ

高コスパ食材「モヤシ」がおいしいおつまみに変身

同僚や友人との忘年会や新年会、お正月の親戚の集まりなど、年末年始は出費が多い時期でしたね。私たちもお正月明けは節約モードに。でも、夫Tatsuyaはお酒が好きなので家での晩酌は諦められません(笑)。

モヤシ
家計の味方、モヤシ
今回は、コスパ最強! モヤシと香味野菜でつくるおつまみをご紹介します。簡単につくれるので、「あと一品」というときにも最適。トースターで仕上げるパリパリワンタンが食感のアクセントになりますよ♪

●「モヤシのパリパリ香味だれ」

材料

【材料(2人分)】
・モヤシ 1袋
・ワンタンの皮 5~6枚
・長ネギ 10cmほど
・ショウガ ひとかけ
・ニンニク 一片
・白いりゴマ 小さじ1
・ゴマ油 大さじ1

【A】
・しょうゆ 大さじ2
・酒 大さじ1
・砂糖 小さじ2
・豆板醤 小さじ1/2

【つくり方】

(1) 長ネギ、ショウガ、ニンニクはみじん切りにする。

モヤシをゆでる様子(2) 鍋にお湯(分量外)を沸かし、モヤシをさっとゆで、ザルにあげる。

香味だれをつくる様子(3) 耐熱容器にAを入れて混ぜ、ラップをふんわりとかけ、電子レンジ600Wで1分加熱する。ゴマ油、いりゴマ、長ネギ、ショウガ、ニンニクもここで加えて混ぜる。
 
1cm幅にカットしたワンタン(4) ワンタンの皮は1cm幅にカットする。

トースターで焼いたワンタントースターで2分ほど、パリパリするまで焼く。

盛り付けの様子(5) 皿にモヤシを盛り、ワンタンの皮をのせ、(3)の香味ダレをかける。

[1人前 142kcal]

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年

【栄養士コメント】
モヤシはヘルシーでシャキシャキ食感で食べごたえもいいので、たくさん取り入れていきたいですね。たくさん食べても罪悪感なし! よく噛んで満腹中枢を刺激しましょう!

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

TATSUYA、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucchi_fuufu)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」で日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。著書に『夜食以上、夕食未満。野菜多めで罪悪感なし 遅く帰った日の晩ごはん』がある。

夜食以上、夕食未満。野菜多めで罪悪感なし 遅く帰った日の晩ごはん

夜食以上、夕食未満。野菜多めで罪悪感なし 遅く帰った日の晩ごはん

忙しくても、ちゃんと食べたい! 平日を乗り切るお助けレシピが103品!

購入
このライターの記事一覧