1. トップ
  2. 料理・レシピ

トマトのうま味が濃厚、からくない麻婆鍋。鍋の素も不要です

ESSE編集部
2020.01.04
  • この記事を
    シェア

これから出番が増える鍋。スーパーで鍋の素を買ってきてもいいですが、家にある調味料でも十分おいしい鍋ができちゃいます。
そこで、〆まで楽しめるシンプルながら絶品の「麻婆トマト鍋」を、料理家のエダジュンさんに教えてもらいました。

濃厚すぎるうま味にやみつき!絶品鍋レシピ

トマト鍋
〆までおいしい麻婆トマト鍋
ひき肉とトマトたっぷりで、うま味濃厚な麻婆鍋。辛味のないまろやかな味わいです!

●麻婆トマト鍋

【材料(4人分)】

・豚ひき肉 400g
・トマト 大2個
・白菜 1/6個
・エノキダケ 大1パック
・ゴマ油 大さじ1
・A[水 4カップ、顆粒鶏ガラスープ、酒・みそ 各大さじ2、トマトケチャップ 大さじ4、しょうゆ 大さじ3]
・B[水 大さじ2、片栗粉 大さじ1]
・香菜(ざく切り) 適量

【つくり方】

(1) トマトはヘタを除き、8等分のくし形に切る。白菜はひと口大に切る。エノキダケは根元を除き、半分に切る。

(2) 鍋にゴマ油をひいてひき肉を入れ、中火で炒める。そぼろ状になったらAを加える。

(3) (2)がフツフツとしてきたら(1)を加えて煮込む。トマトが少しくたっとしたら、Bを混ぜた水溶き片栗粉を適量加えてとろみをつけ、香菜をのせる。

●3つの調味料を合わせるだけ!おすすめつけダレ

トマトおろしそのままでも十分おいしいですが、大根おろし大さじ3、トマトケチャップ小さじ1、タバスコを少しまぜた「ピリ辛トマトおろし」(材料1人分)をつけダレにして食べるのもおすすめです。トマト鍋のようなコクのある鍋と相性がいいので、ぜひお試しを!

●鍋の〆はリゾットがおすすめ

リゾット鍋のお楽しみの〆は忘れちゃいけません! 麻婆トマト鍋は、残った鍋にご飯とピザ用チーズ各適量を加え、ひと煮してリゾットにすれば絶品! シンプルな鍋で味わい深い鍋つゆをあまさず楽しめます。

ESSE2月号では、エダジュンさんが和風から洋風、中華風までバラエティ豊かで、しかもどれも絶品の鍋レシピを紹介。今年の冬は毎日でも食べたくなる鍋で、身体の中からポカポカしてみてくださいね。

<料理/エダジュン カメラ/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

ESSE2月号

ESSE2月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/仲間由紀恵さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入

【この記事も読まれています】