1. トップ
  2. 料理・レシピ

2019年No.1料理ブロガーの親切すぎる鶏胸肉レシピ

ESSEonline編集部
2019.12.22
  • この記事を
    シェア

2019年、「料理ブログ」分野でひときわ輝いたのが、“Yuuさん”。今年活躍したブロガーに贈られる「ライブドアOF THE YEAR 2019 最優秀グランプリ」と、レシピブログ主催の「フーディストアワード2019 ブログ部門 グランプリ」に選ばれ、まさに破竹の勢いです。

簡単かつ本当においしい! と評判のYuuさんレシピのなかから、ここでは一番人気の鶏胸肉レシピを教えてもらいました。

人気No1鶏むね肉
Yuuさんに教わる簡単鶏胸肉レシピ。「胸肉deこくうま♡ガーリックじょうゆチキン」

簡単なコツ&多彩なアレンジで、お手頃食材もごちそうに

ブログ『Yuu’s Stylish Bar 作り置き&スピードおかずdeおうちバル』が月間300万アクセス。7月に発売した書籍『Yuuのラクうま♡ベストレシピ』は10万部超、インスタグラムのフォロワーも53万人(2019年12月現在)というYuuさん。

Yuuさん多数いる料理ブロガーのなかでも、なぜこんなにも支持されているのでしょうか?

Yuuさんが使う材料は、身近な(そして安い!)食材や調味料のみ。とくにメインおかずでは鶏胸肉を使うことが多く、簡単&やわらかくジューシーに仕上げるコツなどをレシピごとに教えてくれるからです。

焼くだけなどマンネリになりがちな鶏胸肉料理が、「揚げない鶏からの甘酢ごまあえ」「鶏胸肉deバターチキンカレー」など多彩なアレンジでごちそうに変身。同じ食材でもまったく飽きることがありません。

●胸肉deこくうま♡ガーリックじょうゆチキン

【調理時間】
10分 ※下味をつける時間を除く

【材料(2人分)】
・鶏胸肉 1枚(300g)
・A[しょうゆ、酒、マヨネーズ各大さじ1 砂糖小さじ1 顆粒和風だしの素小さじ1/2 ニンニク(チューブ)1~2cm 片栗粉大さじ4 ゴマ油大さじ1/2]

・鶏胸肉は鶏ささ身や鶏もも肉でも代用できます。
・マヨネーズは酢、ゴマ油各小さじ1に替えてもかまいません。

【つくり方】

フォークで鶏肉に穴を開ける(1) 鶏肉は皮を取り、フォークで数か所に穴を開ける。

そぎ切りにする(2) 横位置に置き、横半分に切ってから1.5cm厚さのそぎ切りにする。

ポリ袋に入れてもみ込む(3) ポリ袋に(2)とAを入れてよくもみ込む。空気を抜いて袋の口を閉じ、室温で10~30分ほどおく。片栗粉を加え、粉っぽさがなくなるまでよくもむ。

フライパンで焼く(4) フライパンにゴマ油をひき、余分な汁気をきった(3)の鶏肉を並べ、中火にかける。3~4分焼いたら裏返し、フタをして弱火で2~3分蒸し焼きにする(焼き色がついていない場合は火を強めてさらに30秒~1分焼く)。

<ポイント>
・(3)で10~30分待てないときは、手で50回ぐらいもみ込めばOK!
・濃い味が好きな方は、顆粒和風だしの素を小さじ1に増やしてもOK
・肉はフライパンに並べてから火をつける「コールドスタート」で調理します。そうすることで火が入りすぎず、肉がやわらかく仕上がります
・Aをもみ込んでから下味冷凍、工程(2)のあとに完成品の冷凍、両方可能
・つくりおきやお弁当に入れたい場合は、材料の片栗粉の半量を薄力粉にするとベチャッとしません

温めなおす際は、ラップをかけずにオーブントースター(1300W)で3分加熱。またはラップなしで温めモードで電子レンジ加熱してください。

●初心者にやさしい、丁寧な説明で至れり尽くせり

上記レシピもそうですが、Yuuさんのレシピはとにかく説明が丁寧。レシピどおりの食材が冷蔵庫にないときの“代用食材”や“省いてもよい調味料”を教えてくれたり、失敗しないためのポイントを細かく解説してくれたり。
料理ビギナーにはもちろん、毎日料理をしている人にとっても参考になる情報がいっぱいです。

Yuuさんの人気レシピをまとめた『Yuuのラクうま♡ベストレシピ』(扶桑社刊)では、鶏むね肉レシピ以外にも、食材別レシピ、野菜たっぷりの副菜などを多数掲載。ぜひこちらもチェックしてみてください。

<取材・文/ESSEonline編集部>

【Yuuさん】

福岡県在住。WEBサイトでの連載や、雑誌、広告、企業のレシピ開発を手がけている。料理が苦手な方に♪ラクに楽しくなる”楽うま♡ゆるメシ”を提案。レシピのコンセプトは、【簡単・時短・節約・忙しくても美味しいごはん】。

誰にでもできる簡単なコツでいつものおかずがごちそうに Yuuのラクうまベストレシピ

インスタグラム50万人フォロワー! 大人気料理ブロガーYuuさん、待望の最新作

購入