簡単なのにおしゃれに見える!鶏肉とトマトの洋風鍋
ESSEonline編集部
2019.12.11
  • この記事を
    シェア

年末年始は、クリスマスに正月と、大切な人と食卓を囲む時間が増えますよね。そんなときに悩ましいのが「おもてなしレシピ」。いつもの料理にひと工夫加えるだけでごちそうになる簡単レシピを、料理家のワタナベマキさんに教わりました。

鶏とアサリのトマトハーブ鍋
ハーブが効いた洋風鍋は、見た目もおしゃれでおいしいんです

身近な食材でつくれる、おしゃれなおもてなし鍋2品

ワタナベさんが紹介してくれたごちそうおかずは、身近な食材でできるのに、新鮮なおいしさがあって、見た目にもおしゃれな2品。

鶏肉とアサリを組み合わせた洋風鍋は、ハーブを効かせることで特別感を演出。
「みんなでひと鍋を囲むと、会話が弾むのもいいんです」

●パンやワインとも合うおしゃれな味わい 鶏とアサリのトマトハーブ鍋

【材料(4人分)】
・鶏モモ肉 400g
・アサリ(殻つき・砂出しする) 200g
・ニンニク(薄切り) 1かけ
・オリーブオイル 大さじ2
・タマネギ(くし形切り) 1個
・A[水3カップ 白ワイン3/4カップ ローズマリー3枝]
・ミニトマト(ヘタを除く)8個
・塩 小さじ1/3
・粗びきコショウ(黒) 少し

【つくり方】
(1) 鶏肉は食べやすく切る。
(2) 鍋にニンニクとオリーブオイルを入れ、中火にかける。香りが立ったら(1)とタマネギを加え、さっと炒める。
(3) (2)にAを加え、ひと煮立ちさせる。アクを除いて弱火にし、ミニトマトを加えてフタをし、8分ほど煮る。
(4) (3)にアサリを加え、中火で3分ほど煮て、殻が開いたら塩、コショウで味をととのえる。
[1人分276kcal]

●とびきりジューシーで、ボリュームも満点! ナスとひき肉のムサカ風

ナスとひき肉のムサカ風
身近な食材でできるのに、新鮮なおいしさのムサカ風

「ナスとひき肉を重ねて焼いたムサカ風は、家族連れの集まりによくつくります。事前に材料を鍋につめて、焼くだけの状態にしておくと熱々が食べられて盛り上がります」 

【材料(4人分)】
・ナス 5個
・合いびき肉 350g
・オリーブオイル 大さじ2
・塩、コショウ 各少し
・小麦粉 大さじ2
・A[タマネギ(みじん切り)1/2個 卵1個 赤ワイン大さじ2 ウスターソース、
トマトケチャップ各大さじ1 塩小さじ2/3 粗びきコショウ(黒)少し]
・B[赤ワイン1/4カップ トマトケチャップ大さじ3 ウスターソース大さじ2 バター小さじ1]
粗びきコショウ(黒)、レモン(くし形切り) 各適量

【つくり方】
(1) ナスはヘタを除いて縦1cm厚さに切り、水に3分ほどさらして水気をきる。
(2) フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、(1)を並べ入れて両面に焼き色がつくまで焼き、塩、コショウをふる。バットに取り出し、両面に小麦粉を薄くふる。
(3) ボウルにひき肉とAを加え、粘り気が出るまでよく混ぜる。
(4) 鍋にオリーブオイル少し(分量外)を塗り、(2)の1/3量を敷き、(3)の1/2量をのせて隙間なく広げる。これをもう一度繰り返し、上面に残りの(2)をのせる。フタをして中火にかけ、煮立ったら弱火にして20分ほど蒸し焼きにする。
(5) 耐熱容器にBを合わせ、ラップをして電子レンジ(600W)で1分30秒ほど加熱する。(4)にかけてコショウをふり、レモンを絞る。
[1人分401kcal]

別冊エッセ『エッセ史上最強!おもてなしベストレシピ』(扶桑社刊)ではこれ以外にも、年末年始に役立つおもてなしレシピを多数ご紹介! ホームパーティや来客時に使える「ごちそうレシピ」に加え、「簡単おせち」を5タイプ掲載し、大切な人とのひとときをサポートする1冊です。

<レシピ作成/ワタナベマキ 撮影/難波雄史、鈴木泰介 取材・文/ESSEonline編集部>

エッセ史上最強!おもてなしベストレシピ

エッセ史上最強!おもてなしベストレシピ

人気料理家25名のおもてなしレシピが大集合!「ローストビーフ」から「簡単パーティレシピ」まで、自慢のごちそうレシピが一冊に!

購入