豆腐×エノキがステーキに!ずん・飯尾さんの節約レシピ<ワリカツ!>
ESSE編集部
2019.12.02

「ワリカツ! ~おトクな割引生活~」とは、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんが全国各地の商店街を巡り、サイコロを振って出た金額で割引商品を買い、3食をつくる人気コーナー。朝の人気情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系・月~金曜日午前9時50分~11時25分)にて毎週木曜日に放送中です。

飯尾さんが割引商品でつくる、アイデアいっぱいの節約料理をご紹介。今回訪れたのは東京都江東区、砂町銀座商店街です。

ずん飯尾さん
ずん飯尾さんが、食費節約レシピを教えます!

豆腐ステーキの死ぬほどエノキソース

その安さから、行列ができることもある人気の八百屋さんで4袋90円の茶エノキと、2丁50円の豆腐をゲットした飯尾さん。激安食材2品がボリュームたっぷりのおかずに変身!

漫画1【ざっくり! 材料とつくり方】
(1) 豆腐(絹ごし)2丁はペーパータオルで水気を取り、半分に切って片栗粉をまぶす。フライパンにオリーブイルを熱し、両面こんがりと焼き色をつける。
(2) エノキダケは長さ3等分程度に食べやすく切る。フライパンにオリーブイルを熱して炒め、だし汁、しょうゆを加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。ショウガ(チューブ)を加え、(1)の豆腐を器に盛って回しかける。

レタスチャーハンのレタス巻き~レタス家の2世帯住宅~

2個150円のレタスを手に入れ、ひき肉を探しに激安の肉屋さんに向かった飯尾さん。割引商品ではひき肉は見つかりませんでしたが、代わりに鍋用の鶏つくねのタネが半額の207円になっているのを発見しました。

漫画2【ざっくり! 材料とつくり方】
(1) レタス1個は半分に切り、芯を取る。1/4は、葉をほぐして氷水に漬け、残りは作文用紙のマス目ぐらいの太さの細切りにする。
(2) フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏つくね(300g)をほぐしながら炒め、コショウ、カレー粉を加えてさらに炒める。肉の色が変わったら、ご飯(茶碗2杯分)を加えて炒め、ケチャップ、しょうゆを加える。全体によくなじんだら火を止めて(1)の細切りにしたレタスを適量加え、余熱で軽く火をとおす。
(3) (2)を(1)の葉をほぐしたレタスで包んで食べる。

「ワリカツ! ~おトクな割引生活~」のレシピをマンガで紹介する『ワリカツ! 月報』はESSEでも連載中。番組で紹介したおトクネタなどもチェックしてみて!

<マンガ/シベリカ子 取材・文/ESSE編集部>

【飯尾和樹さん】

1968年、東京都生まれ。2000年、相方・「やす」とお笑いコンビ「ずん」を結成する。コンビとしての活動はもちろん、ドラマや映画でも活躍の場を広げている。共働き家庭で育ち、幼い頃から食事の支度をする機会が多く、料理が得意