1. トップ
  2. 料理・レシピ

電子レンジで時短弁当。キノコの肉巻き、カボチャのチーズサラダ

ESSE編集部
2020.11.16
  • この記事を
    シェア

寒くてキッチンに立つのがつらい時季のお弁当づくりは、いつも以上に時短で終わらせたいものです。

そこで、簡単なのにおいしい時短おかずを、料理家のしらいのりこさんに教えてもらいました。電子レンジもフル活用しますよ!

肉巻き弁当
はみ出さんばかりにキノコを巻いて栄養まんてん、ボリューミーなお弁当が完成!

栄養満点!甘辛肉巻き弁当でご飯がすすむ

ちょっと甘めのこってり味の肉巻きは、ご飯がすすむお弁当の定番。2種の野菜のサブおかずがいいアクセントになり、バランスのよいお弁当が仕上がります。

●キノコの肉巻き

キノコの肉巻き

メインは朝つくらず、余裕のあるときに多めにつくっておくのがおすすめ。晩ご飯としても活躍してくれます。

【材料(4人分)

・豚ロース薄切り肉 16枚(640g)
・マイタケ 2パック
・ショウガ 3かけ
・塩、コショウ 各少し
・片栗粉 適量
・サラダ油 大さじ1
・酒 大さじ2
・A[しょうゆ、みりん、酒各大さじ2 砂糖小さじ1]

【つくり方】

(1) マイタケは粗くほぐす。ショウガは千切りにする。

(2) 豚肉は1枚ずつ広げ、塩、コショウをして片栗粉を両面に薄くまぶす。(1)を等分してのせ、手前から巻く。

(3) フライパンにサラダ油を弱めの中火で熱し、(2)の巻き終わりを下にして並べる。1分ほど焼いたら転がしながら全体に焼き色をつけ、酒をふってフタをし、5分ほど蒸し焼きにする。フタを取ってAを加え、汁気がなくなるまで煮からめる。

(4) 保存容器に(3)を入れ、冷めたら冷蔵庫で保存する。

[1人分532kcal]

●カボチャのチーズサラダ

カボチャのチーズサラダ

レンジでできるデリ風のおしゃれサラダ。チーズの濃厚な風味がたまりません!

【材料(つくりやすい分量)

・カボチャ 150g
・プロセスチーズ 15g
・マヨネーズ 小さじ1/2

【つくり方】

(1) カボチャは種とワタを除いて3cm角に切る。耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で2分30秒ほど加熱し、熱いうちにつぶす。

(2) チーズは1cm角に切り、(1)にマヨネーズとともに加えて混ぜ合わせる。

[全量201kcal]

●ピーマンのキンピラ

ピーマンのキンピラ

甘辛のご飯の友。太めに切って歯ごたえよく仕上げます。

【材料(つくりやすい分量)

・ピーマン 4個
・サラダ油 大さじ1/2
・A[しょうゆ、みりん、酒各大さじ1/2 砂糖小さじ1/2]

【つくり方】

(1) ピーマンはヘタと種を除いて1cm幅の細切りにする。

(2) フライパンにサラダ油を中火で熱し、(1)を炒める。しんなりしたらAを加え、汁気がなくなるまで炒め煮にする。

[全量120kcal]

※つくりおきおかずの保存期間は冷蔵で2~4日が目安です。
※おかずをつくりおきする際は、清潔な保存容器に入れて保存してください。保存状態によっては傷みやすくなることもあるので、保存期間内であっても早めに食べるようにしましょう。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【しらいのりこさん】

夫とのユニット「ごはん同盟」として活躍中の料理研究家。おいしいご飯物はもちろん、ご飯とよく合うおかずにも定評がある。著書に『ごはん同盟のほぼごはん弁当』『最高のチャーハン50』(ともに家の光協会刊)がある