1. トップ
  2. 料理・レシピ

普通のおかずも幕の内弁当風に。色味とつめ方のコツ

ESSE編集部
2020.01.13
  • この記事を
    シェア

毎日のお弁当作りはマンネリ化しがちですが、せっかくならテンションが上がるようなものをつくりたいですよね。
簡単だけど華やかなお弁当のレシピとつめ方のコツを、人気インスタグラマーさんに教えてもらいました!

人気インスタグラマーtamiさんの#映え弁当

幕ノ内弁当
食材の色味を生かすのがポイントです
インスタグラマーtamiさんの♯映え弁当は、思わず写真に収めたくなるようなスペシャル感!
「こんなお弁当が食べたい!」と思わずため息が漏れてしまいそうな美しい仕上がりは、食材の色味を生かすのがポイントです。
特別なおかずをつくらなくても、色味のバランスで華やかに仕上がりますよ。

小さなおかずをきっちりつめて♯幕の内感

●簡単!♯幕の内弁当

●サバの塩焼き

【材料とつくり方(1人分)】

塩サバ(切り身)1切れは半分に切る。フライパンを中火で熱してサバを入れ、両面がこんがりとするまで5分ほど焼く。
[1人分407kcal]

●ニンジンサラダ

【材料とつくり方(1人分)】

ニンジン1/2本は千切りにし、塩少しをふってもみ込み、5分ほどおく。水気をしっかりと絞り、ゴマドレッシング(市販品)大さじ1であえる。
[1人分90kcal]

●ブロッコリーと桜エビのゴマあえ

【材料とつくり方(1人分)】

ブロッコリー60gは小さめの小房に切り、耐熱皿に入れてふんわりとラップをする。電子レンジ(600W)で2分30秒ほど加熱し、取り出して粗熱を取る。ボウルに桜エビ(乾燥)大さじ1/2、すりゴマ(白)大さじ1、砂糖、しょうゆ各小さじ1を入れ、ブロッコリーを加えて混ぜ合わせる。
[1人分76kcal]

●コマツナとシイタケのめんつゆバター

【材料とつくり方(1人分)】

コマツナ1/2束は2cm長さに切り、シイタケ1~2枚は石づきを除いて5mm幅に切る。フライパンにバター小さじ1を中火で熱し、溶けたらコマツナ、シイタケを加えて炒める。しんなりとしたらめんつゆ(3倍濃縮)小さじ1を加えてざっと混ぜる。
[1人分57kcal]

●使ったお弁当箱

曲げわっぱ「曲げわっぱは、ほかのお弁当箱よりも少し深さがあるので、おかずの種類が多いときや、ボリュームが多いときに◎」

●お弁当“つめ”POINT:おかずは配色を考える

お弁当を詰める様子なるべく同じ色のおかずがとなり合わせにならないように調整。「ご飯の上にもおかずをのせるときは、少しへこませておくと、高さにバラつきが出ませんよ」

●おすすめ!ごはんの友

梅干し、漬物、ゴマなど梅干し、漬物、ゴマなどに加え、ふりかけも活用。「カラフルな『五色の花むすび』(市川園)がおすすめ!お弁当が雰囲気よくまとまります」

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【tamiさん】

彩り豊かなお弁当が大人気。著書に『平日ラクするべんとう生活今日のおべん』(主婦の友社刊)、『tamiホーム』(扶桑社刊)インスタグラムは@tami_73