豚薄切り肉はまとめてフライパンに!包丁いらずの大胆レシピ
ESSEonline編集部
2019.11.07

忙しいときに限って「ごはんまだぁ~?」なんて声が、家族からあがってくるとイラっとしますよね。
そんなときは、調理の手間を省いた時短レシピで、4人分のメインおかずを10分で完成させちゃいませんか。スピーディかつラクにつくれて、味も食べごたえも満点! もう家族を待たせません。

アイデア満載!10分でできるボリュームおかず

薄切り肉のジャンボ照り焼き
じつはこれ、薄切り肉をまとめて焼いただけ!

●<冷蔵庫から出した食材をそのままドン!>薄切り肉のジャンボ照り焼き

大迫力のポークステーキと思いきや、ぎっしり重なったままの薄切り肉をまとめて焼いたものなんです! 1枚ずつスルッとはがせるから箸で食べられ、こっくり照り照りでご飯がすすみます。

【材料(4人分)】
・豚ロース薄切り肉 20枚(約400g)
・小麦粉 適量
・A[しょうゆ大さじ2 みりん大さじ1と1/2 砂糖大さじ1/2]
・レタス(ちぎる)、マヨネーズ 各適量

【つくり方】

パックの豚肉に小麦粉をふる様子(1) パックの豚肉に小麦粉をふる。
豚肉はパックに並んだまま、肉を結着させるように手でしっかり押さえて形を整え、全体に小麦粉を薄くふる。

パックごと裏返してフライパンに豚肉をのせる様子(2) パックごと裏返してフライパンに豚肉をのせる。
火をつけていないフライパンに(1)をパックごと裏返してのせる。肉が離れにくい場合は、肉とパックの間にヘラを差し込む。のせた肉の表面に小麦粉を薄くふり、強めの中火にかける。

フタをして蒸し焼きにする様子(3) 焼き色がついたらフタをして蒸し焼きにする。
3分ほど焼き、焼き色がついたら裏返し、フタをして弱めの中火でさらに3分ほど蒸し焼きにする。

タレを回しかけて焼きからめる様子(4) タレを回しかけて焼きからめる。
ペーパータオルで余分な脂をふき取り、合わせたAを回し入れる。やや強火にし、フライパンをゆすりながら裏返し、さらに1分ほどゆすりながら焼きからめて照りを出す。器に盛り、レタスを添え、マヨネーズをかける。
[312kcal]

●<包丁&まな板は使いません!>細切りにしないチンジャオロースー

細切りにしないチンジャオロースー食材をすべて細切りにするのは意外と時間がかかるもの。だったら、切らずにつくれば一発解決! ピーマンのシャキッとした歯ごたえも美味です。

【材料(4人分)】
・牛切り落とし肉 250g
・ピーマン 5個
・A[酒、しょうゆ各大さじ1 片栗粉大さじ1/2]
・サラダ油 大さじ1/2
・B[しょうゆ大さじ1と1/2 砂糖、酒、オイスターソース各大さじ1 おろしニンニク(チューブ)1cm分]

【つくり方】
(1) 牛肉に下味をつける。牛肉はAをもみ込む。

ピーマンをちぎる様子(2) ピーマンをちぎる。
ピーマンはヘタの部分に親指を差し込んで割り開くようにし、ヘタと種を除き、食べやすくちぎる。

(3) フライパンで炒め合わせる。
フライパンにサラダ油を中火で熱し、(1)を炒める。肉の色が変わってきたら(2)を加えて炒め合わせ、フタをして弱めの中火で1~2分蒸し焼きにする。合わせたBを加え、強火にして手早く炒め合わせる。
[224kcal]

別冊エッセ『帰ってすぐできる!早ウマおかず コンパクト版』では、上記のほかにも「10分でできるボリュームおかず」をたっぷり紹介!
さらに「同時調理で速攻2品献立」や「手抜きに見えないスゴワザおかず」など、忙しい人のための手間なしレシピを140紹介しています。料理にさく時間と労力をぐっと減らしてくれるアイデア盛りだくさんの1冊、ぜひ忙しい季節に役立てて!

<レシピ作成/武蔵裕子 撮影/山田耕司 取材・文/ESSEonline編集部>

帰ってすぐできる!早ウマおかず コンパクト版

時間のない日や、クタクタで帰宅した日も、パパッとつくれるレシピが満載!

購入