1. トップ
  2. 料理・レシピ

大原千鶴さんの秋ごはん。サツマイモ&豚バラは最高の相性

ESSE編集部
2019.09.03

秋といえば、キノコや根菜にイモ類、旬の魚など、目移りするほどおいしい食材が出そろいます。
素材の味や香りを上手に引き出す京都の人気料理研究家・大原千鶴さんに、絶品秋ご飯を教えてもらいました。

黄色の食材をプラスして、ぐっと秋らしいひと皿に

サツマイモの肉巻き焼き
豚バラのうま味と香ばしさをまとわせ、おかず感アップ
「秋の食材は地味な色味のものが多く、どうしても見た目が茶色くなってしまいがち。ギンナンや栗、菊の花といった黄色の食材を1つプラスすると、華やかな食卓になりますよ」と大原さん。

秋食材のなかでも、サツマイモは火をとおすと黄色が鮮やかに。大人も子どもも楽しめるサツマイモレシピを教えてもらいました。

●サツマイモの肉巻き焼き

【材料(4人分)】

・サツマイモ 2本(300g)
・豚バラ薄切り肉 200g
・シシトウ 6~8本
・塩 小さじ1/2
・粗びきコショウ(黒) 適量
・レモン(くし形切り) 適量

【つくり方】

(1) サツマイモは皮つきのまま1cm幅の輪切りにし、水に5分ほどさらして水気をきる。耐熱皿に入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で4分加熱して火をとおし、粗熱をとる。シシトウは竹串で数か所穴をあける。
(2) 豚肉は長ければ巻きやすい長さに切り、(1)のサツマイモにまきつける。 
(3) フライパンを中火にかけ、(2)を巻き終わりを下にして並べ入れ、フタをして中火で焼く。途中で上下を返し、(1)のシシトウも加えて一緒に焼く。全体がこんがりと焼けたら、塩とコショウをふって器にもり、レモンを添える。
[1人分306kcal] 

ESSE10月号「京都の人気料理研究家 大原千鶴さんの絶品秋ごはん」では、ほかにも秋の恵みを堪能できるレシピが盛りだくさん!
豊かな食材に心が躍る秋ごはんを楽しんでください。

<撮影/内藤貞保 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【大原千鶴さん】

京都の料理旅館「美山荘」に生まれ、幼い頃から野山の自然を生かした料理に親しむ。結婚後、料理研究家として幅広く活躍。3人の子育てをしながらつくりやすい料理を提案

ESSE10月号

ESSE10月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/木村佳乃さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】