約5分で完成!電子レンジで釜玉カルボナーラうどん
ESSE編集部
2019.11.27

寒い日は、電子レンジであっという間につくれる、うどん料理で温まりませんか?
ツイッターで日々すさまじい勢いでレシピがリツイートされている、料理コラムニストの山本ゆりさんに、大人ウケ・子どもウケ抜群の簡単レンチンうどん「釜玉カルボナーラうどん」「みそバターうどん」を紹介してもらいました。

カルボナーラうどん
寒い日に食べたい!レンジですぐつくれるカルボナーラうどん

生クリーム不要! 釜玉カルボナーラうどん

「びっくりするほど簡単! さっぱりめのカルボナーラです。スパゲティでつくってももちろんおいしいですよ」と、紹介してくれた釜玉カルボナーラうどん。生卵をからめていただく釜玉うどんは、マヨネーズとチーズで簡単に洋風に変身します。

下で紹介しているレシピの加熱時間は600Wを基準にしているので、500Wの場合は1.2倍、700Wの場合は0.8倍を目安に加熱してください。

●釜玉カルボナーラうどん

【材料(1人分)】

・冷凍うどん 1玉
・ベーコン(スライス) 1枚
・A[卵1個 粉チーズ、マヨネーズ各大さじ1 顆粒和風だし小さじ1/2 ニンニク(チューブ)5mm]
・粗びきコショウ(黒) 適量
・めんつゆ(2倍濃縮・好みで) 適量

【つくり方】

(1) ベーコンは1cm幅に切る。

(2) 耐熱皿に水にくぐらせたうどんを入れ、(1)のベーコンをのせる。すき間があくようにふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で3分30秒ほど加熱する。

生卵とマヨネーズ粉チーズ(3) どんぶりにAを入れて混ぜ、(2)を加えて熱いうちによくあえる。コショウをふり、めんつゆをかける。

<ポイント>

マヨネーズと粉チーズを加えることで、生クリームを使わなくてもコクが出る。
[1人分521kcal]

子どもウケも抜群! みそバターうどん

味噌バターうどん「豚肉に下味をしっかりからめるのがコツ。容器の縁についたみそはティッシュとかでベーンと取ってくださいね」と、紹介してくれたみそバターうどん。豚肉とキャベツに味がしみしみ!

●みそバターうどん

【材料(1人分)】

・冷凍うどん 1玉
・豚バラ薄切り肉 40g
・キャベツ 1枚
・A[みそ、しょうゆ各小さじ1弱 砂糖小さじ1]
・バター 小さじ1

【つくり方】

(1) 豚肉は3cm長さに切る。キャベツは食べやすくちぎる。

ナマ豚肉に調味料(2) 耐熱性の器にAを入れて混ぜ、(1)の豚肉を加えてからめる。(1)のキャベツ、凍ったままのうどんをのせ、水大さじ1(分量外)をかけて、すき間があくようにふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で5分ほど加熱する。
豚バラ肉はレンジ加熱してもかたくなりにくい。菜箸などで下味をしっかりからめて。

(3) バターを加えてよく混ぜる。

[1人分488kcal]

※電子レンジで加熱する際は、付属の説明書に従って、高温に耐えられるガラスの器やボウルなどを使用してください
※電子レンジの機種や、肉等の素材の大きさにより、表記の加熱時間で中まで火がとおっているか確認し、とおっていないようであれば、様子を見ながらさらに加熱してください
※液体を電子レンジで加熱した場合、取り出して混ぜるときに、場合によって突然沸騰する(突沸現象)可能性があります。できるだけ口の広い容器に入れ、粗熱をとってからレンジから取り出すなどご注意ください

<レシピ/山本ゆり 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>