1. トップ
  2. 料理・レシピ

完璧食感のカルボナーラ。山本ゆりさんの電子レンジレシピ

ESSE編集部
2020.01.24
  • この記事を
    シェア

もしもお店で出てくるようなおしゃれな絶品パスタが電子レンジ1つで簡単につくれたら…そんな夢のような話があるんです。

ツイッターが大人気の料理コラムニストの山本ゆりさんに、レンチンでつくる本格的なカルボナーラとキャベツのパスタ、2つのレシピを紹介してもらいました。

もう失敗しない!山本ゆりさんの本格カルボナーラ

山本ゆりさんの本格カルボナーラ
レンチンでつくれるカルボナーラ

「レンジの余熱で完璧な食感に。そんなばかな、と思う方こそぜひお試しください」と、紹介してくれた本格カルボナーラ。固まりやすいカルボナーラも山本さんのレシピならレンジまかせでとろとろに仕上がります。

紹介しているレシピの加熱時間は600Wを基準にしているので、500Wの場合は1.2倍、700Wの場合は0.8倍を目安に加熱してください。

●カルボナーラ

【材料(1人分)】

・スパゲティ(5~7分ゆでのもの)100g
・ベーコン(ブロック)40g
・ニンニク1/2かけ
・塩 少し
・A[生クリーム1/2カップ 顆粒洋風だし小さじ1/2]
・B[溶き卵1個分 粉チーズ大さじ1 塩、コショウ各少し]
・粗びきコショウ(黒) 適量
・粉チーズ(好みで) 適量

【つくり方】

(1) スパゲティは半分に折る。ベーコンは7mm角の棒状に、ニンニクはみじん切りにする。

耐熱容器に入っている乾麺とベーコンとニンニクに水を入れる(2) 耐熱容器に(1)、塩、水220ml(分量外)を加える。ラップをせずに電子レンジ(600W)でスパゲティの袋の表示時間より1分長く加熱する。
フタをせずに加熱することでゆで上がると同時に水がなくなる計算。水の量だけは厳密に。

耐熱容器に卵を入れる(3) Aを加え、再びラップをせずに電子レンジ(600W)で1分加熱する。沸騰していたら、Bを加える前に1、2回混ぜて冷ます。
1、2回混ぜて熱いうちにBを加えてよく混ぜる。とろみがついたら器に盛ってコショウをふり、粉チーズをふる。とろみがたりなければ20~30秒加熱してから混ぜる。

[1人分1094kcal]

包丁不要!キャベツのチーズパスタ

包丁不要のキャベツのチーズパスタ「キャベツだけでも十分おいしいですが、好みでベーコンやツナをたすと13倍おいしいです」と、紹介してくれたキャベツのチーズパスタ。ニンニクとチーズの風味が絶品なチーズパスタは具材がキャベツだけ、とシンプルだからこそ、いろいろな楽しみ方が見つかりそう。

●キャベツのチーズパスタ

【材料(1人分)】

・スパゲティ(5~7分ゆでのもの) 100g
・キャベツ 1枚
・A[顆粒鶏ガラスープ小さじ1 ニンニク(チューブ)少し オリーブオイル小さじ1 水1・1/4カップ]
・B[塩、コショウ、しょうゆ各少し]
・粉チーズ 適量
・粗びきコショウ(黒・好みで) 適量

【つくり方】

(1) スパゲティは半分に折る。キャベツは食べやすい大きさにちぎる。

耐熱容器に入っている乾麺とキャベツに水を入れる(2) 耐熱容器に(1)のスパゲティ、キャベツ、Aを順に加え、ラップをせずに電子レンジ(600W)でスパゲティの袋の表示時間より3分長く加熱する。
キャベツを入れすぎると水分がたりず、麺が団子状に。加熱後は底に水が少したまっているぐらいがベスト。

(3) Bで味をととのえて器に盛り、粉チーズ、コショウをふる。

[1人分443kcal]

※電子レンジで加熱する際は、付属の説明書に従って、高温に耐えられるガラスの器やボウルなどを使用してください
※電子レンジの機種や、肉等の素材の大きさにより、表記の加熱時間で中まで火がとおっているか確認し、とおっていないようであれば、様子を見ながらさらに加熱してください
※液体を電子レンジで加熱した場合、取り出して混ぜるときに、場合によって突然沸騰する(突沸現象)可能性があります。できるだけ口の広い容器に入れ、粗熱をとってからレンジから取り出すなどご注意ください

<レシピ/山本ゆり 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

【この記事も読まれています】