そうめんが大満足の一皿に!食べ比べも楽しいアレンジつゆ
久代萌美
2019.08.21

夏といえば、そうめん。めんつゆだけでは飽きてしまいがちですが、ちょっと手を加えればおいしく、タンパク質や野菜も一緒に摂ることができます。

ここでは料理好きで知られるフジテレビの久代萌美アナウンサーに、実際によくつくっているというそうめんレシピを教わりました。

そうめんレシピ
そうめんがごちそうに!久代アナのアレンジレシピ

そうめんに飽きたら試したい!おなかもいっぱいになるアレンジレシピ

夏には欠かせない、そうめん。忙しくて料理をつくるのが面倒なときに大活躍しています。めんつゆだけでは栄養が取りづらいので、ツナ、ひき肉、豆乳などタンパク質を多く含む食材と合わせたり、野菜・薬味を多く入れて、バランスよい内容にしています。

また手軽に食べられるので、友人が遊びに来たときに振舞うことも。
今回は、そのなかでも評判のいいつけダレをご紹介します!

●ツナのつけ汁

ツナのつけ汁いちばん簡単なアレンジは、いつものめんつゆにツナ缶を加えること! それだけで、コクが増しておいしくなります。
ツナに塩味があるので、めんつゆはいつもより薄めに割ります。大根おろし、大葉などを加えるとサッパリいただけます。

写真のつゆにも、ツナ、大根おろしが入っているのですが、全部沈んで見えなくなりました(笑)。

●冷やし豆乳坦々つけだれ

冷やし豆乳坦々つけだれめんつゆを無調整豆乳で割ると、いつもと雰囲気を変えられます。
そこに、豆板醤(トウバンジャン)、ニンニクチューブ、練りゴマ(なければすりゴマ)、ゴマ油、お好みでネギ、ラー油を加えると、即席坦々風つけダレに変身。
豚ひき肉を、甜面醤(テンメンジャン)、しょうゆ、ショウガで炒めたものを加えると、さらに本格的に!

●ビビンそうめん

ビビンそうめんビビン麺をそうめんでアレンジ!
コチュジャン、酢、しょうゆ、はちみつor砂糖、ニンニクチューブ、ゴマ油、鶏ガラスープの素を加えた合わせ調味料でそうめんをあえたら、お好みの具材をのせて完成です。
今回は鶏のササミ、キュウリ、味玉をのせました。キムチもおいしいです。

冷たいそうめんを食べて、夏を乗りきりましょう!冷たいそうめんを食べて、夏を乗りきりましょう!

【久代萌美】
久代萌美さんフジテレビアナウンサー。現在、『ノンストップ!』火・水のESSEコーナーに出演のほか、レギュラー番組多数。プライベートではパン教室にも通い中。公式インスタグラムは@kushiro_moemi